スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
「犯人に告ぐ」感想
■あらすじ
 とある失態のせいで田舎に左遷された主人公・巻島警視が、今度は幼児連続殺人事件の担当を任される。劇場型捜査という新たな捜査方法を用いて捜査を進めていくが…。

■主人公・巻島警視の波乱万丈な警察人生を描いた話。…と言っても過言ではないと思う。
 推理というよりは、警察を舞台にした人間模様などに主眼が置かれている気がします。とりあえず、読者が犯人を推測できるような作りではない。

■私情で捜査を引っかき回す馬鹿上司がいるんですが、彼は本当に馬鹿すぎた!

■話の展開が幾分ご都合主義。…推理小説なんてそんなもんだと言われたらそれまでですが。

■上のような難点を差し引いても、十分面白い作品。次どうなるのか気になって自然と読み進めることができるので、すぐに読み終わりました。
 宮部さんが書いたらもっと重ーくなると思うんですが、雫井さんはわりとライトな感じの仕上がり。

■最近読んだ中では一番面白かったですv

( 2008.03.15 ) ( ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:1 )
「ラッシュライフ」感想
■恩田陸さんの「ドミノ」と同じ形式。
 無関係だった人達の人生が、話が進むうちにいつの間にかリンクしていく。人生の連鎖反応という感じ。

■伊坂さんらしい登場人物がいい味を出している。…マンネリと言えばマンネリなのかもしれない。

■「ドミノ」を読んでいたので、話の構成や展開自体にはそんなに面白さを感じなかった…。ただ、個人的な好みの問題ですが、登場人物の掘り下げ方は伊坂さんの方が良かった!

■読んだら普通に楽しめると思います。正直、めっちゃオススメ!って程ではない。

■正直、この帯は過剰に煽りすぎだと思う。

( 2008.03.11 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:1 )
「償い」感想
償い (幻冬舎文庫)償い (幻冬舎文庫)
(2003/06)
矢口 敦子

商品詳細を見る


■売れてるらしいから買ってみた。推理小説には煩いので、今日は感想が辛口です。

■元医者の主人公が色々あってホームレスになり、ひょんなことから探偵を務めることに。という内容。
 本の背表紙の説明はとても面白そう。が、読んでみるとそうでもない。

■ベテランのオヤジ刑事がどっかで見たことあるような、推理物にはありがちな人物像。
 嫌いではないけど真新しさはなし。

■主人公が医者なので頭がいい。たまにそれがイラっとする(笑)

■昔、主人公が命を助けた子供が登場。コイツも頭がいい。色々あってひねくれている。
 この話のもう一人の主役。

■推理小説らしくないタイトルから推測できる通り、主人公の苦悩が詳細に描かれている。
 題材はわりと重い。純粋に推理物としての面白さを求めると裏切られること間違いなし。

■どうも推理小説を読んだ、という後味じゃない。推理部分だけ見ると、相当面白くない部類に入るのでは…。
 文芸小説(推理付き)、という風に考えると良いと思う。

■主人公と子供の最後のシーンが本当に納得がいかない…!

( 2008.03.11 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
子供の領分ハイパー(3) 到達点
 ノリで買ってるけど、なんで買い続けてるかわからない本NO.1です。絵文字名を入力してください
 悲しいことに買い忘れていることに気づいてしまったので、本屋で見かけて買っちゃいました…。
 なんだろう、この負け組になったような気分は。


( 2007.09.10 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
耐久
行ってきました、12時間耐久漫画喫茶。見事完徹です。
外に出たら朝日が眩しくて、自堕落すぎて、ちょっとせつなくなりました(-_-)

さて読んだものですが。
ホイッスル・フルバ・ツバサ・ワンピース・大奥
全部で45冊になりました。はじめに読んだホイッスルが既にうろ覚えです(ノ∀`)

ホイッスルは同人なイメージがあったので(先入観)、終始カップリングを考えてました。いまいち王道がわからない。段々みんな受に見えてくる不思議。シゲが受か攻かについて、最後まで悩まされました(アホ)
最終回付近どうかと思うけど…主人公の大怪我はスポーツ物と楽器物には必須なんだと思い込むことにします。だって私には、あそこで主人公が怪我した意味を見いだせないんだもん…(Θ_Θ)

フルバはとにかく読んでて疲れました。キャラが濃いんだよ。話も濃いし。支配してる側が実は脆くて…みたいな、そんなBLを読んだ覚えがあるのですが。デジャブ?
ま、なんつーかマザコン野郎が脱マザコンして恋に目覚める話だったのですね。…だって終わりだけ見たら主人公は明らかネズミじゃないのさ…(萎え)

ツバサはアニメの続きを読みました。くろがねとファイが熱すぎた…! くろがねは完全にファイにご執心です(マジで)。そして展開がおいしすぎる。吸血鬼物の同人だと言っても通じそうだ。

ワンピースは四冊くらいを流し読み。喋るメリー号に驚きました(それだけか)

で、大奥。一巻はホモホモしてましたが、二巻! なんだ、純愛漫画だったのかコレ…!と目からウロコが。色々思うところはありますが、ってかフルバとかぶってますが、なかなか良かったです。男女逆転大奥っていう設定が面白い。

そんな感じです。改めて考えると、7時間で十分だったかも。さすがに12時間はもう二度としません…。

( 2007.01.12 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。