スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
小説の書き方
小説を書きたい人の本―好奇心、観察力、感性があれば、小説は書ける!小説を書きたい人の本―好奇心、観察力、感性があれば、小説は書ける!
(2005/05)
清原 康正

商品詳細を見る



タイトルが答えになってるのに、読まなきゃ駄目なの?(゚∀゚)
それがあれば書けるんなら、この本読まなくても書けるんじゃw

とりあえず私は、好奇心だけで小説を書いてますが。
あと大切なのは勢いです(真剣)

ちょっと読みたい気もするけど、「プロットたてろー」とか書かれててもどうせ実行できないしな…。
大体、「好奇心、観察力、感性」って微妙な3点セットな気がするんだけど。
うん、読んでも多分活用できないな!(結論)

私個人的には、「客観性、知識(語彙力含む)、想像力(妄想力?)」が必要だと思います。
あくまで個人的な意見ですが。

自分であげといてなんですが、私に備わってるのは妄想力だけだということに気づいた(笑)
ま、プロ目指してるわけじゃないし別にいっかー(自己完結)

「結論」
想像力と勢いとそれなりの語彙力があれば、小説は書けます。
…あると思います!w
スポンサーサイト


( 2008.09.23 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。