スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
試行錯誤
たまにわからなくなるんですが、またわからなくなりました。
何がって、読点の付け方が。

何も考えずに付けて、それを読み返してみたら、細かく区切りすぎかなぁって思ったんです。だからちょっと減らしてみたんですよ。
そしたら今度はやけに文が長くなって、それはそれで読みにくいような気がして…。

わかりやすく言うと、今書いた文のどっちが読みやすいかって話です。

①「何も考えずに付けて、それを読み返してみたら、細かく区切りすぎかなぁって思ったんです。」
②「何も考えずに付けてそれを読み返してみたら、細かく区切りすぎかなぁって思ったんです。」

さて、どっちが読みやすいですか?
私は今、①だとちょっと読みにくいかなって思ってる状態です。①の方が良いと思える日もあるんですが。なんだろう、バイオリズムの関係かな(テケトー)

読点って、言わば呼吸のタイミングだと思うんです。小さい頃、国語の本読みって読点で区切って読んでたし。
だから、読点までが短いといちいちそこで一息つかなきゃいけない感じで、ちょっとすらすら読めない感じがするんです。
逆に読点までが長いと、文の内容を把握しづらくなる。上の例くらいなら全然大丈夫なので、…うん、あんまりいい例じゃなかったですね(笑)

まあ、これは私の個人的な感覚だと思うので、人それぞれ違うと思うんですけども。
でも、自分が読みにくいと思う物を人様にお見せするのは嫌なので、悩み始めると書けなくなっちゃうんですよね……。厄介だな!

そんなわけでぐるぐるしてますが、色々書いて早期解決を目指したいと思います!
スポンサーサイト


( 2008.02.05 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。