スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
過去の遺物
 昨日引越しの荷物を今更片付けてたんですが、そしたら小学校のときの美術作品袋が出てきました。
 中身を探ってみると、出てくる下手くそな絵の数々。低学年だから仕方ないとは言え…コレは酷い。人体が不思議すぎる。なんで体に対して手がこんなに小さいんだ…。

 しかも中身は美術の作品だけじゃなくて、何故か作文集まで入ってたり。
 4年のときの作文が出てきたので読んだんですが、作文っていうか、ただの超長文日記でした。
 遠足の作文には、電車の中→並んで歩いたこと→川に入ったこと→お弁当→帰り道、と全ての行程がそのまま全部書かれてて、コイツ文才ゼロだな!と思いました。
 あのときから考えると成長したな、私…(当たり前)。あのときの文章能力じゃ、SSの1本すら書けないに違いない(笑)

 思えばこの作文の頃だった…担任から「しらけた子」と言われたのは。
 今となってはいい思い出です。ちなみに私はしらけてたのではなく、興味がないことに反応しない子だっただけです。むしろ今もそうです(成長してない…)。
スポンサーサイト


( 2007.10.14 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。