スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
猫の家政婦。
きょうの猫村さんを読みました。普通に猫が家政婦をしてました。ファンタジーでもなんでもなく、現代社会でナチュラルに家政婦。しかも、かなりデキる。
最初は不自然さに頭をひねったものの、読んでるうちに馴染んできて何も思わなくなりました。だって普通に仕事してるし。でも、我に返ったらやっぱり変でした。だって猫村さんは猫だからね!そもそも、普通猫は喋りません。猫型ロボットが喋るのは受け入れられても、猫が喋るのはさすがに気持ち悪いと思う。
お節介なおばちゃん猫な猫村さんは、間違いなく癒し系…というか、脱力系?外国に行ってしまったぼっちゃん(←元飼い主)と再会するために、貯金して外国語を習って外国に会いに行きたいらしいです。
しかし、そうやって自分の目標に向かって頑張ってる姿は、涙より微苦笑を誘います。だって猫村さんは猫だからね!パスポートも取れません。通帳は持ってるけど。

ぼーっとしたいときに読むといいと思います。なんとなく頭が休まりました。あの絵柄も味があってなかなか良い。興味あったら、皆さんも是非是非どうぞ!(≧▽≦)ゞ
スポンサーサイト


( 2006.07.26 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。