スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
「メイドVS女子アナ」感想。
 最近、口を開くと「眠い」って言ってます(それかあくびしてるか)
 でも、メイド喫茶に行きたいとは思ってても言えません。ここで言ってるけど。

 さて、今日はいつもより早めに帰宅できたんで、18時からのニュース番組が見れました。で、とある局で日本橋にあるメイド喫茶の特集をしてたんです。
 中身はと言いますとね、まあ行ってるわけですよ。アナウンサーが、メイド喫茶に。
 しかも女子アナが。

 店側によると、6:4=男性客:女性客、なんだそうです。
 でもですねー。そういうとこに行くのは多少なりとも興味がある人であって、そもそも興味ない人はメイド喫茶なんて行きませんよね。面白半分であれ、メイド好きであれ、萌えの追求者であれ、興味ある人が行ってるはずなんです。

 なんでこんな当たり前なコト言ってるかというと、その女子アナが、おもいっきり興味なさげだったからです。むしろこんな世界に関わりたくない、ってカンジ。

 まずですね、そのメイド喫茶はメニューが独特なんです。アニメの名前の食べ物とか、そーゆーものが置いてあるわけで。
 その女子アナは当然全くわからないので、「一番人気のメニュー」を頼みました。
 ジュースでした。その名も、北斗神拳。

 この店は頼んだ物を運んでくるときに、色々趣向を凝らしています。
 さて、北斗神拳が届きました。
 女子アナのテーブルに赤茶色のジュースが置かれ、同時にメイドが

「お前はもう、死んでいる」
「…(゚Д゚)」

 女子アナ、完璧にひきました。
 淡々と去っていくメイド。
 おもろい。おもろすぎる。マイメロ並みにおもろい。(←最上級の褒め言葉)

 テレビの前で咳き込む視聴者をよそに、女子アナは赤茶色のジュースを飲みました。タバスコをソーダで割ったジュースを一口。

「……Σ(゚д゚lll)!?」

 マズさを顔で表現しつつ、必死でコメントする女子アナ。
 たとえ行ったとしても、あれだけは頼むまい。

 もう帰りたくなりつつ、お仕事なので二品目を頼む女子アナ。次はセーラームーン。

 わかる人にはわかるだろうオチ。
 女子アナはわかってなさそう。こりゃ、局が免疫ない奴を選んだな。
 とかなんとか思ってる間に、メイドが品物(ホットケーキ)を持って来ました。
 テーブルの上に置いたときには、何も言葉はありません。しかし、置いた後でやっぱり来ました。

「月にかわっておしおきよ☆(ポーズつき)」
「………ΣΣ(゚Д゚;)」

 女子アナ、フリーズ。
 
 しかし、番組的にはメイド喫茶を盛り立てて終わらなければなりません! こんなに女子アナがひきまくってるとこ散々見せといて今更って感じもしますけど、やっぱりちゃんときっちりシメとかなきゃ全国のメイド喫茶ファンを敵に回しちゃうしネ!!

 というわけで、最後はホットケーキをもそもそと食べる女子アナ映像でフォローして、終わり。ナレーションがわざとらしく、「驚いていたものの最後はメイド喫茶に夢中(うろ覚え)」みたいなことを言ってスタジオに戻りました。
 しかし最後にそんなこと言われたところで、この女子アナが二度とメイド喫茶に行かないのは、誰の目から見ても明らかです

 スタジオに戻ってきましたが、スタジオではスタジオで男性アナが戸惑ってます。そうかそうか、理解不能か。(´-`)

 実は途中で「メイドになりたいオンナノコ」とか、色々映像はあったんですが、女子アナが面白かったんでそこだけ書いてみました。
 いやー、稀に見る面白ニュースだった! ビデオとっとけば良かった!(そこまで?)


 まとめ : メイドさんは18歳以下がいいなと思いました(マテ)


 終わり。
スポンサーサイト


( 2005.11.16 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。