スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
BLOOD+第2話「魔法の言葉」感想
 1話見た後は書かないでおこうと思ったんですが、まあ気が向いたので2話の感想をば。

■ファーストキス、その後に。
 惨殺事件発生。ぎゃー! 午後6時から仮にも女子高生にナニさせてるんでしょうこのアニメ!>片仮名にするな。
 保護者的には大丈夫なんでしょうか。R指定の気配が…。

 あんな血まみれの女を見て退かないカイ君に感服。
 普通逃げるよ…。怖いよ…。


■色々飛ばして病室。
 都合よく記憶をなくしてる小夜。
 何か忘れてるような…、で思い出したのが

「あ、競技会…」

 現実逃避も甚だしいな。

 そして、鏡を見ると…。
 なんかやるせないので、いくつかコメントを考えてみた。

 ①鏡の中にもう1人の私発見☆
 ②鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番美しいのはだぁれ?
 ③あなたの中に、こんな知られざる一面が☆
 ④ドッペルゲンガー発見!
 ⑤新世界キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

 新世界ではデスティニープランが流行中だそうですよ。

 ……書くことなくてすみませ…_| ̄|○


■立ち聞き娘。
 苦悩父ちゃん。可愛い~(何。)


■小夜失踪。
 カイ君が心当たりを探しに行きました。詳しいのね。
 で、小夜はと言えば海辺で黄昏てました。あ、危ない! 後ろに変な人が…!

 と、いうわけでチェロ持参の変な人(お名前はハジさん)が現れました。神出鬼没だな。
 そんな怪しい人にあっさり接近する小夜。
 警戒心が足りないと思うんですが、どうなんでしょう…。
 
 カイ君到着でハジが退却。消えたので消失?
 二人きりになったので、小夜がお悩み相談を始めました。

 そうか。BLOOD+って、「私は何」っていう根源的な問題を扱っている哲学アニメだったんですね!(違)

 さて、悩む小夜にカイ君は。

「なんくるないさ~」

 それで元気でるの!?Σ(゚д゚;)

家帰るんだ…ふーん…。


■帰宅。
 怪しい電話がかかってきました。
 このアニメの感想書き続けたら、「怪しい」って形容詞を死ぬほど使ってしまいそうです。


■電話ボックスで。

 終わりくらい爽やかに終わりやがれ…!

 容赦なく血で飾ろうとしてますこのアニメ。
 そんなにするんなら、わんこを可愛く描くな。いっそア●ボみたいなのにしとけ。

 食事中に見るの禁止ってどっかに書いといてください。

 

 追記。
 ツバサ・クロニクルは強制終了して、次回からはツバサ・クロニクル(再)が始まります★
 ↑
 今日新聞見て初めて終わるって知ったんです…アイタタタ(ノ∀`)
スポンサーサイト


( 2005.10.15 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:5 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
先週から放送開始された『BLOOD+』の感想あいかわらずですね。。。なにがって・・・この時間らしからぬ血の気の多さ・・・やっと刀振り回してのアクションシーン・・・やっぱり日本刀はかっこいいね・・・まだ物語の全貌は見えてこない・・・まぁ、まだ2話だから仕方な...
( あにめらいふ ) ( 日本刀+女子高生!! ) ( 10/15 20:21)
BLOOD+の初回視聴率は5.4% 機動戦士ガンダムSEED DESTINYの最終回の視聴率が5.4% だったんで、そのままきた感じ? 18時に、あの内容だと、この後視聴率どうなるんだろう ちなみに、 機動戦士ガンダムSEED DESTINYは8.2% 鋼の錬金術師は5.9% 機動戦士ガンダムSEEDは6
( にんじゃハムの本村 ) ( BLOOD+ 初回視聴率 ) ( 10/16 10:40)
ハジの血液をのまされた小夜はどうなったのー?!と、気になりながら一週間を過ごしたというのに、リアルタイムで見れなくてそわそわしてました(笑)続きは感想でーす。※ネタバレあるので要注意!
( ティンカーベルをください ) ( BLOOD+ Episode-02 『魔法の言葉』 ) ( 10/16 18:06)
BLOOD+(1) 完全生産限定版喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-21売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools『魔法の言葉』なんとか、友達から動画ファイルもらうことができました・・・。よかったぁ~、見れて...
( ライブ窓ぁ。 ) ( BLOOD+ 第02話 ) ( 10/16 18:18)
BLOOD+の第2話「魔法の言葉」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。初回放映日:2005/10/15脚本:大松 裕絵コンテ:神楽坂 時市演出:高橋 順作画監督:植田 実
( BLOOD+ トラックバックセンター ) ( 第2話 魔法の言葉 ) ( 10/26 01:19)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。