スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
種運命44話「二人のラクス」感想
・前回のアスラン復習。
 お久しぶりの種割れ→ヒロインの如き失神→流血ロマンスwithキラ

・今回のアスラン。
 何故か血の気が多いご様子。

 増血剤でも投与されたんでしょうか、彼は。
 そんなささやかな疑問に苛まれつつ、本日も種運命を適当に振り返っていきます。


■二人のラクス
 ラクス(本物)あっさり勝利。年輪の差。
 ラクスの演説を聞きながら、アスランは色々と考えているのかもしれない。

 (コイツと別れといて良かったぁ…!>_<。)

 俺には手に負えないよ、ってなもんです。ヘタレアスランは、鬼軍曹のようなラクスにはついていけないのですネ。容赦ねぇもん、この人(震)

 偽者はアスランとの逃避行を拒否ったことを、今頃になって後悔し始めた模様。
 避難という名の監禁生活の始まりです。
 監禁生活…ちょっと危ない響き(アホ)


■ラクス登場に動揺するシン
 レイに言いたいことを言えないシン。ドモりまくり。ビクビクしちゃってまあ…しかもルナマリアにフォローされちゃって…な、情け無いぞ!!
 確か主人公…だよね……?

 レイの回想が微妙なことになってます。そして議長一筋だと言うことで、話を打ち切ってしまわれました。あんたが議長の愛人だってことはよくわかったからもういいってば!

 ルナマリア、アスランのことを聞いて驚いてます。でもやっぱり妹の方が大事。大丈夫、メイリンは健気に生きてるよ…!

 メイリン話をルナとレイがしている横で、シンは一人苦しみの表情。そして回想。今日の回想王はシンちゃんですか?

 しかし彼が思い出すのは、妹かアスランのことが大半。そうかそうか、そんなにアスランが好きか(微笑)


■紫の人
 (唇が)紫の人が攻撃を企んでいるのと同じ頃、イザーク&ディアッカは戦闘中。
 そして紫の人、とうとうやっちゃいました。お陰で議長はパニック、イザーク&ディアッカは驚きっぱなしです。結構可愛い。
 キレた議長にお付きの人もどビックリ。ついつい本性が表に出てしまいました。うーん…
 議長もポニーテールにすればいいのに(腹黒同盟)


■動揺するシン、パート2
 レイは至って冷静に、
「ジブリールを逃がした、俺たちの責任だ」
 
 しかーし。
 シンは納得できません! そんなの俺が悪いんじゃない、全部アスランが悪いんだー!!

 …みたいな?
 でも、よくよく考えなくても、ジブリールを撃てなかったのはルナマリアの責任
 レイは遠まわしに、ルナマリアに嫌味を言ってるんだろうか。

 い っ そ ズ バ ッ と 言 っ て や れ 。


■アークエンジェルの皆さん
 議長の考え=遺伝子によって運命が決まる世界を作る。
 遺伝子とか言ってるからムズそうに聞こえるけど、要するに士農工商えたひにん、みたいなもん?
 …時代が逆行してんじゃんよ。

キラ「本当に無駄なのかな」
ムゥ「無駄なことはしないのか?」

アスラン「俺は、そんなに諦めがよくない…っ」

 珍しいことに、みんなから同意を貰ってしまうアスラン。
 うん。でも、ちょっと待てよ? いい場面で申し訳ないけど、あんた、本当に諦め悪い人だった?
 まず前作でキラを撃ったと思ったとき、おもいっきりもう死んだと思って諦めてましたよね。
 そして今作でも、キラがシンに撃たれたとき、超ショック受けてましたやん。
 そこでもう一度。

「俺は、そんなに諦めがよくない…っ」

 うそつき…!(トリビア風に)


 同意途中に一部分でロマンスがありましたが、まあサラリと流しておきましょう。向こうの艦長と違って、こっちの艦長は結構幸せそうです。
 ここでの見所は、胸の前で拳を握るメイリン。普通に可愛いvv
 姉の方は押しの強さがなくなって、しかも射撃の腕もいまいちで、はっきり言ってキャラの存在意義がなくなってきているのですが(酷)、妹は絶好調☆

 一番軽かった同意は、キラの「だよね」。
 そんな、一昔前にはやったラップじゃないんだからサ。


■逃避行のお誘い
「そらへ上がろう、アスラン。ぼくたちも」

 …プロポーズ?(違)

 ところで、「ああ」とか言って、パシッと手を合わせたりしてますが。
 爽やか青春アニメっぽくなってますが!

 ①確かアスランは怪我人。
 ②前回失神した上に流血してた。
 ③今も椅子に座って老人扱いされてる。
 ④包帯も取れてない。

 キラ、ちょっとは 気 遣 っ て や れ … !

 鬼軍曹ラクス様のご教育の賜物でしょうか。
 キラ君、容赦なくアスランを働かせようと目論んでおります。
 お、恐ろしいカップルだ…(涙)


 さて次回、「変革の序曲」
 偽ラクスは、ただ今リゾート満喫中(微妙なアオリ)


 最後に、満身創痍のアスランにエール。
 
 生きて帰ってこいよ……?(不安)

スポンサーサイト


( 2005.08.20 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:14 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
最近、ヴェスティージを購入した全国のS-Dファンの皆様、自分は名曲BOARDINGに投票しました→関連さっそく感想に行くって言わないほうがいいよアスランは絶対行くって言うんだから。
( CODY スピリッツ! ) ( SEED DESTINY 44話 ) ( 08/21 02:32)
ハイサイ!(^_^)!さて、今日もドンドン感想を書いていきますよ~・前フリカガリの演説からスタート!!そして、先週の簡易版ありましてラクス演説スタート!!「その方の姿に惑わされないで下さい 私はラクス・クラインです  私と同じ顔、同じ声、同じ名の方がデュラン
( 南の島からガンダムを作れ! ) ( PHASE44 二人のラクス ) ( 08/21 06:46)
カガリの会見中、突如乱れ始めた画面。そこに現れたのは・・・
( 【T】 Tsukasa♪'s Blog! ) ( 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 #44 ) ( 08/21 08:39)
今週は話が重すぎた・・・二人のラクス登場により大困惑、ミーアは少し休んでいろと言われるが・・ミーア『ケサレル・・・ワタシハケサレテシマウンダ・・・』いや、まじで消されそうですよ・・・まあ、なんとなくコマがあっていたのでやってみた、後悔はし....
( (仮)みつきちゃん親衛隊 ) ( 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 『二人のラクス・・なんてどうでもいい』 ) ( 08/21 08:45)
遅くなりました(バク天&WB見てましてwまずは総評、まあまあでしたよね?たまにはザフト側も描かないとね、てことで納得しておきます。今週は選挙情報(青字)を絡めながら書きました、では感想へ
( 木下クラブlog ) ( 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 二人のラクス ) ( 08/21 09:24)
イザーク ディアッカ どころじゃない( ´△`) レクイエム ガクガク(((n;‘Д‘))ηチョーコワイワァ ザフトの人々 デュランダル レクイエム のこと知ってたろオイ( ´∀`)σ)∀`;) どうして首都を墜とそうとしたんだo(゜◇゜o)ホエ? アーサー 宇宙のこと「.
( にんじゃハムの本村 ) ( GUNDAM SEED DESTINY その20(PHASE-44) ) ( 08/21 13:56)
・私は撃つべき時には撃つさ…守るために…
( ■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ) ) ( ■TVレビュー-機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44『二人のラクス』 ) ( 08/21 23:08)
PHASE-44 「二人のラクス」 真実の歌姫の言葉が、議長の偽りを暴きだす。 二人のラクスに揺れる世界・・・ そして、月から放たれた滅びの光がプラントを震撼させる。 それは、何者にも止めることのできぬ破滅への鎮魂歌(レイクイエム)なのか・・・ ラクスの告発によ
( + SERAらく日記 + ) ( 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-44 ) ( 08/21 23:10)
ラクスが電波ジャックして、プラント・オーブ・全世界の人々に動揺が走ったところから始まりました、今週のDESTINY!ラクスVSミーア、そしてジュール隊の登場を楽しみにしていたのに、どれも期待してたほどではなく軽く凹み。し か し !『今週はこのまま終わるのかぁ』と
( ティンカーベルをください ) ( PHASE44 二人のラクス ) ( 08/22 05:27)
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-44(1)イザークとディアッカが活躍していました。ラクスの登場は地球やオーブ、アークエンジェル、ミネルバなど多くの人々にとって衝撃だったよう
( kasumidokiの日記 ) ( GUNDAM SEED DESTINY PHASE-44(1) ) ( 08/22 05:59)
今回は随分とまた核心に近づいた回でした。では感想スタート☆カガリの放送をミーアが遮り、ミーアの放送をラクスが遮り…。ラクスがいつもの話術全開でおいでになりましたよ!ミーアの慌てようがまたなんとも見ていられない!!ミーアのことを知っているアスランもまたなん
( くろねこDiary♪ ) ( SEED DESTINY PHASE-44『二人のラクス』 ) ( 08/22 17:40)
 交響詩篇エウレカセブン 2 フィルターを作ったら今度は当然、貼る作業があるわけで、今日も今日とて、修理の日々のゲッコーステイト。食料事情も日々切迫☆やはり第五次健康ブームの経済的影響はびっぐなようです(笑) こういうことが、いい加減もう何日も続いて....
( 月の砂漠のあしあと ) ( エウレカセブン18話感想 改訂版 ) ( 08/23 05:12)
今日は種死の日です。例によって感想を述べていきたいと思います。以下ネタバレなので注意願います^^;。先週でついに二人のラクスが対決することになったわけですが、今回はその対決から様々な波紋を投げ掛けていくことになりました。今回も前回同様盛り沢山の内容が詰込まれ
( ガンダムSEED DESTINYとテクニカルサポート奮闘記 ) ( ガンダムSEED DESTINY PHASE-44「二人のラクス」の感想(その1) ) ( 08/23 18:00)
 先々週の続きでラクス演説。 「私と同じ顔、同じ声、同じ名の方がデュランダル議長と共にいらっしゃる事は知っています」 「ですが、私、シーゲル・クラインの娘であり、先の大戦ではアークエンジェルと共に戦いました私は、今もあの時と同じかの船と、オーブのアスハ代
( ガンダムSEED DESTINY 覚書 ) ( ガンダムSEED DESTINY 第44話 「二人のラクス」 ) ( 08/27 00:39)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。