スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
まるマ(ムラユ)
お題048 眼鏡

 村田が入浴してる間に、こっそりと村田の眼鏡を拝借してみた。
「あ……頭いってぇ……」
 自慢じゃないが視力はいい方なので、かけた途端頭がくらくらした。
 どうやら村田の視力は結構悪め。さすが、やたらと勉強ができるだけのことはある。
「渋谷ー何か飲むー? ……って、何してんの?」
「眼鏡で酔った…」
 風呂からあがって部屋に戻ってきた村田に、おれが床に伸びていた理由を簡単に答えて、頭を押さえつつ体を起こす。
 頭痛の原因を外して手に持ち、素の瞳を晒している村田にハイ、と差し出す。
 受け取ってすぐにかけるかと思いきや、村田はおれの隣に座り込んで、ずいっと顔を近づけてきた。
「おお、裸眼だなぁ」
 遮蔽物のない状態の村田の双眸が珍しくて、なんとなはなしに感心してしまう。
 自分でも間の抜けた反応だと思ったのに、村田は気にする様子もなく真顔で口を開いた。
「渋谷、前から思ってたんだけど」
「な、なんだよ?」
 声までも真面目だったから、おれはナニゴトかとドモりながら問い返す。
 まさか眼鏡無断拝借にご立腹中!?と、ちょっとばかりビクビクしていると。
「一回、渋谷が眼鏡つけた状態でエッチしたいよね」
 にっこり。
「……へ?」
「したいよね?」
「え? えっ!? ひ……っひえぇぇぇ!!」

 眼鏡フェチの恋人とこの後何をしたかは、…………誰ニモ言エマセン。




( 2005.07.03 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。