スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
感想文5~スペシャリストの誇り/傀儡奇談
茅田砂胡 クラッシュ・ブレイズ スペシャリストの誇り 中央公論新社 2005 
 デルフィニア戦記/スカーレットウィザード/暁の天使たちに続くクラッシュ・ブレイズシリーズ第2作目。
 暁の天使たちでやめときゃよかったんでは…と思ってしまう今日この頃。キャラは好きなんですけど(長く読んでるし)、話もまあ番外編だと思えば楽しめますが、これがシリーズだと言われると、ちょっともう厳しい感じ。
 3作目からどういう風にしていくのかわかりませんが、続けるなら続けるで、ちゃんとそれなりの展開を期待したいところです。どでかい事件でも起こってくれないと、さすがに買う気が失せる…。
 ということで、次に(一応)期待。

椹野道流 傀儡奇談 講談社 2005
 惰性で読んでるシリーズ(コラ)
 ネオ・オカルト・ノベルスらしいです。初めて知った…。まあ、BLだって言われるとぬるすぎて苦情がきそうな気もしますね;
 今回は大阪に旅行。別段感想もポイントもないんですが(笑)、天本がお父様にビビリまくりで可愛かったかなあという…。
 比較的平和でした。お父様が出てくると、強烈すぎて他キャラ霞んじゃうし…。
 そういえば最近出てくるようになった正路と司野は、同作者が書いている「妖魔なオレ様と下僕な僕」の主人公だったんですね。さっき初めて知りました…。コイツらはおもいっきりデキちゃってるので、BL好きにはこっちの方が面白いんでしょうねぇ(ひとごとか) こっちのイラストと、奇談のイラストが違いすぎてちょっと混乱します。結月一さんのイラストだと、司野が 可 愛 い … !
 ……終わる。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト


( 2005.06.26 ) ( ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。