スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
人格障害1
●人格障害 Parsonality Disorder
 性格特性に著しい偏奇があり、それが原因で不適応を生じ、自覚的な苦痛の原因となる。人格障害者は外的環境を自己の欲求などに従い脚色、改変し、自己受容が可能のことが多い。
(中学校くらい~)

以下の項目に4つ以上あてはまると人格障害。
(とあるカウンセラーの話によると)カウンセリングにかかる必要有りとのこと。


DSM-Ⅳの分類
A群偏奇性

妄想性人格障害 Paranoid Personality Disorder

1)十分な根拠なしに、他人に利用される、危害を加えられる、だまされるという疑いを持つ。

2)友人や仲間の誠実さや信頼を理由もなく疑うことに囚われている。

3)情報が不利に用いられるという根拠のない恐れのために、他人に秘密を打ち明けたがらない。

4)悪意のない言葉や出来事の中に自分をけなしたり、脅したりする意図があると勘ぐる。

5)侮辱されたり、傷つけられたり、軽蔑されたことを忘れず、恨みを抱き続ける。

6)自分の性格や評価を悪意に受け止め、すぐに怒り、逆襲する。

7)配偶者や親密な交際相手の貞節に対し、根拠のない疑いをしばしば持つ。


( 2005.02.28 ) ( べんきょう ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。