スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
もうすぐ
もうすぐ、うたプリmusicが発売になるわけですが。

音ゲー三昧になる前に、乙女ゲーをやってみました。
こちら。

AMNESIA(アムネシア) (通常版)予約特典なしAMNESIA(アムネシア) (通常版)予約特典なし
(2011/08/18)
Sony PSP

商品詳細を見る


石田さああああああああん!!(*´Д`)ハァハァ
という感じでした←
久々に石田さんにときめいた。いや、例の鳩ゲーもなかなか萌えたけどw
理系男子に萌えたのは初めてかもしれない。理屈っぽいデレかわいいw

ケント(cv.石田彰)がこのゲームで唯一の癒しでした。
あとのキャラはあんまり普通じゃないからな…。

隠しキャラを宮田さんがあててるんですが、なんか無意識にムラケンと比較してしまいました笑
村田も大人になったらこんなセリフを言うんかなーとかね。
愛してるとかね…あの甘い声でヨザックに言ってあげてほしいよね…。

妄想乙orz

私は宮田さんのドS声(今回は病んでたんだけど)が大好物なので、大変美味しくいただけました。
同じ趣向の人には是非プレイしていただきたいです。
キャラは…というかストーリー自体は個人的に微妙。オチが読めてしまったのが残念な感じでした。

軽いまとめ
・攻略キャラが病み気味。
・糖度は低め。ストーリー重視。
・ストーリーがサスペンスっぽいルート多数。
・トーマルートはある意味ホラー。
・ナビ役の妖精がツッコミ体質。たまにうるさい。
・BADENDで主人公が死にまくる。

以上が受け入れられる方はプレイしてみても損はないと思います。
キャストが安心の面々なので、言わずもがなで素晴らしい演技でした。
スポンサーサイト

( 2011.11.18 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。