スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
携帯小説かんそー。
 携帯配信小説。今月は。

 ムラユ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

 なんか変な笑いが止まりません。先月も衝撃的でしたが、なんか今月ツボったYO!(←ヨザムラ書いてるくせに)

 とりあえず叫びたいことは、

 間接ちゅーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

 過剰反応だってことはわかってますけども! いやー、……ありがとう喬林先生(*´Д`)

 しかし村田さん、実は名前呼んでほしかったんだね(*´Д`)
 惜しいことしたとか言っちゃって、可愛すぎやんか(*´Д`)
 ってゆーかさ、村田さんってば

 健って呼ばせる気満々じゃん!(*´Д`)

 今が一番幸せなんだそうです。私も朝から幸せです。授業遅刻しそうです。でも本望です(いいから早く行け)
 
スポンサーサイト

( 2005.11.30 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
日記のようなもの
 たまには日記を普通に書いてみたり。日記というか、考察ですが。



( 2005.11.30 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
マ(NT)感想
 気になったので潔く立ち読みしてきました。
 以下、コンユ的感想(というか妄想)


( 2005.11.28 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(コンユ)
 冬の到来が12月上旬からだそうです。が、下旬から暖かいので総じて暖冬らしい。ややこしいよ。

 12月とか言われるとクリスマスとか正月とか意識し始めるんですが、別に特別な何かを書くつもりもなく…書きたいとは思うんですよ、うん。
 でも、本気で卒業できんのか心配になってきたんで……(´<_`;)

 だからというわけでもないですが、やたらと暗い話ができました。なんか最近コンユが暗い(何故)

( 2005.11.28 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:1 )
マイメロ「幸せが見つかったらイイナ!」感想
 お茶飲むだけで酔っ払ったおっさん化するバク君。お手軽っ子だな。
 というわけで、テケトーに感想いきます。

■月曜日・朝。
 4時起き。早! 地味に新聞配達。頭に触れてる新聞を配られた家は、非常に迷惑です。汗が、汗が……(ノ∀`)

■マイメロ様とパパの心温まる会話
 お弁当作ってます。いっつも何か作ってるな…。

「あ、パパさん、おはよう」
「ボンジュール。お、ウィンナー」
「ぼんじゅ、うる?」
「フランス語でおはようっていう意味さ」
「あ、そういえばパパさん。このあいだフランス、っていう国に行ってきたのよね」
「ウィ、ンナ」
「(´<_` )?」
「あ…。マイメロ、今のツッコむところ」
「?(お弁当に箸を突っ込んで)パパさん、ツッコんだよ」

 うん、まあそんなもんだよね。マイメロだもんねヽ(´-`)ノ

 新聞を取りに行くマイメロ。新聞配ってるバク君と遭遇。
 マイメロ様の感想は、
 
「バク君て頑張ってるんだー。マイメロ、感動ー」

 ちょっと見習えYO。


■帰宅
 バイト代GETで帰宅。ガス・水道・電気代をセバスチャンに支払うバク君(5000円)。えらい世知辛いアニメだな。
 バクからだけ生活費を取る柊様。俗に言うイジメじゃないかな?(゚∀゚)
 クロミ様の分も払うと言ったら、携帯代7500円を請求されてしまいました。ネットでゲームって……明細ちゃんとチェックしてるんだねセバスチャン。


■クロミ様
 起こそうとしたら蹴られました。シャラポアのポスターで和むバク君。そうやって生きてるんだね(ノ∀`)

 柊様に歌ちゃんから電話があったらしい。
「あの子、なんでいつも楽しそうなのかな」
「それはご本人に聞いてみたらいかがです」
「……うん」

 悔っ…ちょっと可愛いじゃないかこの野郎(*´Д`)


■下克上?
 お掃除に邪魔だったので、尻尾を踏んでクロミ様を気絶させました。この時間が自由時間らしい。
 幼稚園で子守→道で人助け→爺と碁打ち→ティッシュ強奪が日課。
 最後のは、どう考えても負け組みです

「どうしてあたいは午前中に昼寝をしてしまうんだ」

 クロミ様もボケ兎だったのネ★


■午後は黒音符集め
 気の弱い教育実習生に目をつけたクロミ様。
 夢の扉が開いて → ヤンユミになりました。他局だけど…今更か(-_-)
 強くなったのはいいですが、やりすぎで訴えられますよ。
 奏ちゃんを庇う菊池。前回のフォローのつもりかしら?(゚∀゚)

 クラスメイトが走らされてる間に、奏ちゃんは歌ちゃんのところにヘルプ。
 マイメロ様はお買い物に行こうとしてましたが、予定変更で学校訪問。

「だーめー。奏ちゃんをいじめちゃだーめー」

 やる気あんの?

 で、今日は骨格標本に魔法をかけました。「もーっと、おねがい」で撃退。生徒も先生も反省して、めでたしめでたし。


■帰宅しました。
 シャラポアのポスターで和んでいるのがバレました。しかも破られました。やさぐれておでん屋へ…魚肉ソーセージが好物か…。

 回想中→クロミ様とバクの出会い。どうでもいい。
 
「生まれてはじめて、人に優しくされたゾナ。バクはクロミ様に一生ついていくと誓ったゾナ」

 ……人?

 回想終了。帰宅。

 帰った途端殴られましたが、シャラポアの代わりにクロミ様のポスターが貼ってありました。いつ作ったんだよ。

「やっぱりクロミ様が一番ゾナー!」

 これがバクの一日ゾナ!


 くそおもんなかった良かったね★


■次回、「地球が救えたらイイナ!」

 ウサギに救われるのか…_| ̄|○


( 2005.11.27 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:6 )
BLOOD+第8話「ファントム・オブ・ザ・スクール」感想
 アルジャーノー゚・(つД`)・゚・
 出番がなかった飴男を偲びつつ、適当に感想いきたいと思います。

■置いてけぼりカイ君
 今日も今日とて哀れです(ノ∀`)


■at淑女を育成する女学校
 何語で喋ってるの?(禁句)
 さて、メガネっ娘のミン登場。小夜の家族事情が複雑すぎて、戸惑っております。

 続いてローズ・マリーアンナ・マリー登場。意地悪娘は、マリーって名前が定番なのでしょうか。

 
■ルイス&デヴィット

「今度こそ援軍の用意を。送ってくれないと、またカイをボコっちゃうぞ☆」

 どうでもいい捏造台詞は置いといて。
 小夜が携帯でデヴィットに現状報告。ハジがやればいいのに(暇そうだし)

 季節はずれの転校生だという理由で、ミズ・リーは小夜から携帯を取り上げませんでした。なに? 伏線?


■ファントムは黒髪がお好き
 ロゼはバラの世話をしていた黒髪の女の子。悪霊ファントムのプロポーズに、青いバラを要求(竹取物語かよ) で、探してるうちにロゼ死去。ファントムの涙が枯れた大地を潤し、最後の一雫が落ちたとき青いバラが咲いた。ロゼのお墓に供えて、ファントムはどこかへと消え去った……陳腐だ
 リセに黒髪の女の子が来ると、ファントムがその子に青バラを捧げてどこかに連れ去ってしまうらしい。ファントムの棲家は鐘楼。出没日はバラの咲く三日月の夜。

「それでね。私はね、あのひとがファントムだと思うの」

 庭師ハジキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!

 BGMがメルヘンになりました☆

「ね、めちゃくちゃかっこいいでしょう? あの人が来てから、みんな大変なんだからー。もう彼がファントムなら、永遠の愛なんていくらでも誓っちゃうーvvv」
「……あれが?(゚Д゚;)ポカン」

 あれはチェロ弾きのストーカー(下僕志願)だよ?
 
「もうーちゃんと聞いてるのー?」
「あぁー…ごめん。でも、私は違うと思うんだけどな」
「なんでー? 彼のバラを持った姿、すっごくキまってるじゃない」
爺「おめえ、それ切っちゃダメだろー」

 ちゃんと仕事しろよハジ(ノ∀`)
 ってか、爺さんに謝れ。

「……あ、あれでも?(社会不適合者だよ?)」
「それでもいい。かっこよければなんだって許されるのよ! ファントム様なら、私を攫ってー!」
「……(代わってあげようか?)」


■小夜、食事中。
 ミンの事情聴取開始。軽い世間話かと思いきや

「じゃあ、紹介して。お兄さん!」

 狙いはオトコかよ!(((( ;゚Д゚)))
 小夜から話を聞きだすために、自分の食料を分け与えるミン。ぶっちゃけ餌付け。

「私、小夜のお兄さんとなら気が合うと思う…///」

 根拠は!?ΣΣ(゚д゚lll)
 うむ…実はこの娘、電波系か。


■飴もらった人登場
 えーと、カールさんだっけ。理事長さんは庭師と小夜の会話を盗み聞き。

「ハジ。その服似合ってるよ」
「(エプロンを引っ張りつつ)ふむ…」

 しまった。ハジが可愛い(*´Д`)

 小夜は、ファントム狙いのアンナ・マリーに反感を買った模様。ガンバ。


■キス話が始まりました。
 不本意なキスを思い出し、第1話の副題を全否定する小夜。
 事故だと言い張る上に、ミンとハジをくっつけようと画策。
 ハジの意思は無視かよ(゚∀゚)

 ミンが寝入った後で、塔の上に人影発見。普通の女の子じゃないので、ずかずかと侵入。 ……怖くないの?

 さて、ファントム登場。正体には敢えて言及しない方向で!
 ピンチになりかけたところで、ハジさんが素早く登場。どこから来たのさ。
 戦うハジ。消えるファントム。残された青バラ。終わり。

 アルジャーノー゚・(つД`)・゚・(←しつこいよ)


■次回、「それぞれの虹」

「僕、もう沖縄に帰りたいよ」

 薄情すぎませんかリク君。


( 2005.11.26 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:41 )
まるマ(コンユ)
 そーいや村田さんを泣かせたことないなぁ、ということをこの話書きながら思いました。別にシリアス話じゃないのに何故か。

 今日は学校に行く予定だったんですが、ゼミ教授がいないことが発覚したので突然休日になりました。分●(再び伏字)の仕方がわからないので、奴がいないと話にならないわけです。休むなボケ。
 今日の予定 → 卒論書かなきゃ…。

 今、猛烈にたこ焼きが食べたくなってきました。後で買いに行こうかな!(現実逃避)



( 2005.11.25 ) ( おはなし ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
夢を見せまSHOW感想
 ネタバレ満載なので、まだ聴いてない方は要注意ー。
 とりあえず、ヨザムラでおなかいっぱいです(笑顔)
 

( 2005.11.24 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 眠いと思ったら1時半でした。眠いはずだorz
 
 実験がひと段落して、次はいよいよ分●に取り掛かることになりました。伏字なのは忘れていたいからです。忘れたままでいると卒業できません。困った。
 しかし●析って言っても、なにして良いのやらさっぱりぽんだYO!(無理矢理ハイテンション)

 村田さんにはピアノを習っていてほしいなーとか考えながら寝ますおやすみなさい!


( 2005.11.23 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 いきなりパラレル。趣味に走ってみました。
 この話を読んで「これ結構食えるよ!」と思った方は、私と嗜好が似ている方だと思われます。是非お友達になってくださ(勧誘すんな)


 

( 2005.11.21 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
芸風から発展するマ語り。
 ツッコミ芸って言われました。芸? これって芸?

 とまあ、三千世界のルシファー風に悩んでみましたが(出典がわかりにくいよ)、要するに私はツッコんでばっかりしてるそうです。そうでもないよ、その場にボケがいなかったらボケるよ。秘かにリバーシブルだから(言い方が嫌・更にここ見てないから言い訳してもムダ)


( 2005.11.20 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
マイメロ「ヒーローになれたらイイナ3」感想
 本日、メロママの名言が連発☆ 皆さん、メモのご用意を忘れずに(゚∀゚)


■『ハルノスケの動くアホ御殿パート2』
 ……引っ張るなぁ。
 なんて感想は視聴者だけのものなので、登場人物からのツッコミはアリマセン(当たり前)
 さて、このアホっぽい映画に奏は菊池を誘いますが、役者になるためのオーディションやらトレーニングやらで時間が取れない菊池。奏ちゃんは菊池にはもったいないよ。よし、別れちゃえ★ 


■今日はグラタン☆
 さすがにケーキ作りに飽きたのか、今度はグラタン作りに励むマイメロ。せっかく作ったのに奏ちゃんの反応が悪かったので→お悩み相談室開始。

 以下、マイメロ様のステキ相槌集。

「そう~」
「そうなの~」
「あらあら」
「うん」
「うん」
「奏ちゃん、ステキv」

 で、トドメに。

「マイメロ、そんな奏ちゃんを応援する! マリーランドのママも

 『夫婦喧嘩は犬も食わないのよ』

 って言ってたし」

 お前ら親子は、そんな話ばっかしてのかYO(ノ∀`)


■歌ちゃんが部屋に来ました。

「ここにいたんだマイメロ」
「あ、歌ちゃんおかえり」

 ぎゃー!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)化け物発見!! 誰か警察、ってゆーかFBI呼んできて!!

「奏ちゃんにお化粧してもらってたの。マイメロ、綺麗? うふ」

 いや、むしろ汚いカラ。


■菊池のオーディション
 「華がない」と言って速攻落とされました。うわー普通にかわいそうやん。
 落ち込む菊池を慰める奏ちゃん。かわええなぁ(*´Д`)
 が、菊池は聞く耳持たず。うわーウザイなぁ。
 で、

「もういい加減にして! この負け犬ぅ、タコ、いじけ虫!!」

 奏ちゃん、罵倒三連発。もっと言ってやれー。


■夢野家

 奏ちゃんが帰ってきません゚(゚´Д`゚)゜。

「でも、奏姉、帰ってきてないよね」
「うん、しんぱい」
 
 心配してるように聞こえない不思議。

 奏ちゃんと菊池が喧嘩したと聞いて喜ぶパパ。いいけど、顔を赤らめるなキモイから

『女心は秋の空より移り変わりが激しいのよ』

 ってマリーランドのママが言ってた」

 メロパパとの離婚をほのめかしてマスカ?(゚∀゚)

 その頃奏ちゃんは、クラスメイトのアツシ君とばったり出会ってました。


■クロミ様
 バクに今月のノルマを決められたクロミ様は、いつも通り下僕虐待に走ります。が、夢の匂いがしたので途中で強制終了。

「なんで逆さにに飛べるんだぁ!?」
「これが愛ぞなぁ~!」

 今日はバク×クロミ様もプッシュですか?


■奏ちゃんとアツシ君
 二人で映画館へGO。
 戸惑う菊池の前に、クロミ様が登場。

「ちょっとそこの今月のノルマ君」

 いい加減、名前くらい覚えてやれ。
 
「彼女の怒らせない、理想の男になれたら…」
「(ニヤリ)開け、夢の扉ぁ!」

 懲りない男、菊池。あかん、イライラしてきた(-_-)
 さて、魔法で出てきたのは理想の男になれる本。その通りにするといいらしい。
 ……表紙の陰は柊様ですか?


■at映画館
 並んでいる奏ちゃん&アツシ君のところに、菊池が参上。
 
「理想の男の法則その1! 彼女を飽きさせない!」
「今までどこに」
「そんな昔のことは忘れたよ」
「ぁ……」
「君の瞳に、乾杯」
「え、ええと…(゚д゚lll)」


「理想の男の法則その2! スマートに振舞うこと!(体が薄くなっちゃいました☆)」
「スマートって…(゚д゚lll)」
「そういう意味じゃないと思う…(゚д゚lll)」


「理想の男の法則その3! ときには強引さも必要!」

 お前に必要なのは読解力だろ。

「愛してる」
「(照れつつ)し、知らないわよ」

 奏ちゃんかわえぇ~(*´Д`)

 クロミ様、デバガメ中。
 バク君は映画鑑賞中。
 で、下僕虐待開始。

「あ、愛されたいゾナぁ…」
「これがあたいの愛し方だよぅ」

 愛はあったらしいです。


■奏&菊池

「私の理想は(面倒なので中略)でっかい人間よ!」
「でっかい人間、でっかい人間……」

 というわけで、でっかくなっちゃいましたー(マギー風に)


■でっかい菊池、ここに参上。
 一方、クロミ様とバク君は自滅状態。
 マイメロ様はそんなクロミ様に、

「クロミちゃん、だいじょうぶぅ?」
「マイメロぉ! また邪魔する気かい!」
「ちがうよ。クロミちゃんがよくないことするから、止めようと思って」
「って、それを邪魔って言うんだよぅ(☆`Д´)」
「そうなの?」

 国語を勉強してください(^^)

「クロミノート、NO.3152!!」

 せっかく作ったピンバッチに落書きされ、おはじきとして使用されてしまいました。

「あれ、おはじきじゃなかったの?」

 後ろにピンついてたの、見えなかったのかな?(^^)


■マイメロ様、映像を具現化。
 ハルノスケ VS ガッツマン。二大ヒーローらしいですヨ。
 戦闘が開始して、アホ御殿からは寿司が飛び出します。もったいねぇ。バク君はアワビが好きらしい。
 菊池ガッツマンが優勢になり始めたので、マイメロ様の「もーっとお願い」が発動。大量サビ入り寿司、請求書攻撃で勝利。
 さすがアホ御殿。すっげアホっぽい勝ち方だ。


■マイメロ様にお説教

「(ワサビの後遺症に苦しみつつ)うーん、引き上げだ」
「もーう、クロミちゃんたら」
「ふん、マイメロぉ! 食べ物を粗末にしたら、ダメなんだかんなあ!!」
「うん、そうだねぇ」

 一応子供向けの番組なので、最後に注意をしときました。
 悪役が注意するあたりが、おねがいマイメロディらしいところですネ。


■怒る奏ちゃん

「このー! 負け犬以下っ、タコの墨っ、ヘコミ虫ぃ!!」

 さよなら! って言って去ってしまいました。あらー。パパと一部の視聴者は大喜びです(ニコ)

『傷ついた心の絆創膏は、新しい恋よ』

 ってマリーランドのママも言ってたし」
「慰めになってないよマイメロ(ノ∀`)」

 で、菊池の結論 → もう一度奏ちゃんと友達からやり直せるように頑張る。

 懲りないね。うふ。



■次回、「幸せが見つかったらイイナ!」

「わー。バク君て、はたらき者で、がんばり屋さんなのね。(マイメロの下僕にほしいなぁ)」

 強く生きろよ、バク。



( 2005.11.20 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:7 )
BLOOD+第7話「私がやらなきゃ」感想
◆今日のニュース
 とうとう種デスの再放送が始まったYO!

◆BLOOD+まとめ。
 ①リク君を慰めつつ、ジョージパパを追悼しようという姑息な回でした。
 ②デヴィット&ジュリアと岡村さんがベトナムに目をつけました。
 ③今日もムッシュはご機嫌に飴をプレゼントしてました(*´Д`)

 これでいいような気もしますが、一応適当に感想いきます。


■at秘密の花園?
 チェロが流れる中、扉の向こうに消えたお父さんを追う小夜。
 扉を開けると、長い髪の毛の少女の足元にジョージの姿が。そしてその少女が振り返ると、彼女の口の周りには血が……安っぽいホラー映画か。
 当然、夢オチでした。終。


■鬱リク。
 リク、ヒッキーになっちゃいました。
 が、小夜は腹が減ってるのでとりあえずリク放置。家族愛はどこ?


■岡村さん(cv.伊藤健太郎)
 ヤンバル自然保護センター爆破跡地→食堂へ。うどん頬張りすぎだよ。
 

■チェロ演奏中ハジのところに。

「私、教えてほしいの。私の過去のこと」
「それを知ってどうします」
「知りたいの、自分のこと」

 ハジさんの剣舞の前にCMへ。もったいぶるほどもんじゃないって。 


■カイ君の親父回想録 
 アリをひたすら踏み潰す小夜。やめてやれ。
 だんまりこいてるカイ。ガキだな。
 車の中で拗ねるリク。可愛いから良し。
 バラバラになった本を飯粒でくっつけるジョージパパ。くっつくの?


■再びハジ。
 やっと剣舞をご披露。太刀筋を教えたかったらしいです。

「今のあなたでは真実を受け止めることはできない」
「翼手と戦うこと。そこに答えがあるはずです」

 レベルを上げないと次の情報は手に入らない。RPGの基本だよ小夜!


■ベトナムへの道筋
 デヴィット&ジュリア、データ解析中。ディーヴァにたどりつく手がかりになるらしい。
 一方、岡村さんも一人で頑張り中。ヤンバルから出たゴミの中に、ワインボトルを発見。
 このボルドー産のワイン、ベトナムの物流会社を指定されて、そこからフランスワインを輸入するように指示された物だとか。
 そのベトナムの物流会社とは、「リセ・ドゥ・サンクフレシュ」。実際は会社ではなく、海外の裕福な子女を受け入れている寄宿生の女学校でした。


■雨の中で

「お父さん最後に言ったんだ。私に強く生きろって。……私がやらなきゃ、だめなんだよね」

 少なくともカイ君は頼りにならないYO(ノ∀`)

 覚悟を決めて剣を手に取る小夜。
 剣を振り回し始めたら、雨が上がって夕日が輝き――

「私、頑張る。みんなが明日を笑って迎えられるように」

『お日様ってやつはな、一度沈んでも次の日には笑って東の空からあがってくるんだ。そしたら、みんな明るくなるだろ? お前ら、嫌なことあってもな、次の日にはお日様みたいに笑って明日を迎えるんだぞ?』

 ジョージー…゚(゚´Д`゚)゜。


■ジョエルの日記
 リセ・ドゥ・サンクフレシュでは、10年前に失血死体が見つかったらしいです。

 潜入操作をさせられそうになってると知らない小夜は、やっとリクに会いに行きました。
 最終的にリクが出てきたのは小夜のお陰ということで、カイ君の無能っぷりはこんなとこでも発揮されている模様。ガンバ。


■諏訪部キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
 
「嫌だねぇ、この湿気。だからこの国は好きになれないんだよ。君もスカウトされたばかりなのにねぇ」
「いえ、私は……」
「ムッシュ・アルジャーノ」

 振り返るムッシュ。今思ったんだけど、ムッシュの服装ってちょっとKID様(c.名探偵コ●ン)っぽい?

「ああ。君確か」

 サンクフレシュ製薬会社のベトナム支社、カール君(cv.佐々木望)の登場です。
 握手をしようと手を差し出すムッシュ。が。

「おーっと。そうだったそうだった。君は握手ができないんだったねぇ。これは失敬」

 なんかわざとらしいよムッシュ(*´Д`)

「じゃあ、再会の印に。(飴をプレゼント☆)それじゃあ行こうか。君の作ってるD67のことも色々聞きたいしね」

 ベトナムでも飴普及活動は続行中☆


■次回、「ファントム・オブ・ザ・スクール」
 訳すと学校のファントム。……しまらない。


( 2005.11.19 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:27 )
まるマ(ヨザムラ)
 なんかこう嫌なことが続くので陰気な話ばっかり思いつくんですが、頑張ってなんとか明るい方向に持っていこうとしたら、ちょっと違う方向に行ったというか……そんな話。

 ヨザックとハボック(鋼)が似てるかもと思い始めた今日この頃。
 立ち位置というかなんというか……可哀相なとことかorz


 

( 2005.11.18 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 たとえば、お付き合いしてる人(言い方が古風だ)のことを誰かが話していて、それを聞きながら「そうじゃないのに」とか思うことがあったりしたとします。してください。
 で、そのとき感じるのって「もっとちゃんとわかってあげて」なんてことより、やっぱりそこはかとない優越感なんじゃないかなーっと思ったりするわけなんです。

 と、いう話です(↑前ふり)

 読み返すと、可愛いこと書いてる気がしなくもないです。なんだこりゃ。恋する乙女かよ(撲殺)
 
 さて、気を取り直して。
 ヨザムラとか言いつつ、村田さん出てきません。まあ、たまにはそういうのもありだよね、うん。とか言いつつ、脳内で「初めてだよね…?」と秘かに検索中。たぶん初めてです。たぶん。
 最後に。
 オリキャラ出てますんで、嫌いな方はスルーの方向で!

( 2005.11.17 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(コンユ)
 バイオリズムが低下してるせいか、やたらと陰気な話になりました。あはは、は…(倒)
 以下、本館で言ってたマ+鋼のコラボ小説を想像しているうちに湧いた疑問。

 Q1.ロイとコンラッドはお互いになんて呼び合うんですか。

 一例.「お久しぶりです、マスタングさん」
    「ああ、ウェラー卿か」

 感想.すげーキモ変。



( 2005.11.16 ) ( おはなし ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
「メイドVS女子アナ」感想。
 最近、口を開くと「眠い」って言ってます(それかあくびしてるか)
 でも、メイド喫茶に行きたいとは思ってても言えません。ここで言ってるけど。

 さて、今日はいつもより早めに帰宅できたんで、18時からのニュース番組が見れました。で、とある局で日本橋にあるメイド喫茶の特集をしてたんです。
 中身はと言いますとね、まあ行ってるわけですよ。アナウンサーが、メイド喫茶に。
 しかも女子アナが。

 店側によると、6:4=男性客:女性客、なんだそうです。
 でもですねー。そういうとこに行くのは多少なりとも興味がある人であって、そもそも興味ない人はメイド喫茶なんて行きませんよね。面白半分であれ、メイド好きであれ、萌えの追求者であれ、興味ある人が行ってるはずなんです。

 なんでこんな当たり前なコト言ってるかというと、その女子アナが、おもいっきり興味なさげだったからです。むしろこんな世界に関わりたくない、ってカンジ。

 まずですね、そのメイド喫茶はメニューが独特なんです。アニメの名前の食べ物とか、そーゆーものが置いてあるわけで。
 その女子アナは当然全くわからないので、「一番人気のメニュー」を頼みました。
 ジュースでした。その名も、北斗神拳。

 この店は頼んだ物を運んでくるときに、色々趣向を凝らしています。
 さて、北斗神拳が届きました。
 女子アナのテーブルに赤茶色のジュースが置かれ、同時にメイドが

「お前はもう、死んでいる」
「…(゚Д゚)」

 女子アナ、完璧にひきました。
 淡々と去っていくメイド。
 おもろい。おもろすぎる。マイメロ並みにおもろい。(←最上級の褒め言葉)

 テレビの前で咳き込む視聴者をよそに、女子アナは赤茶色のジュースを飲みました。タバスコをソーダで割ったジュースを一口。

「……Σ(゚д゚lll)!?」

 マズさを顔で表現しつつ、必死でコメントする女子アナ。
 たとえ行ったとしても、あれだけは頼むまい。

 もう帰りたくなりつつ、お仕事なので二品目を頼む女子アナ。次はセーラームーン。

 わかる人にはわかるだろうオチ。
 女子アナはわかってなさそう。こりゃ、局が免疫ない奴を選んだな。
 とかなんとか思ってる間に、メイドが品物(ホットケーキ)を持って来ました。
 テーブルの上に置いたときには、何も言葉はありません。しかし、置いた後でやっぱり来ました。

「月にかわっておしおきよ☆(ポーズつき)」
「………ΣΣ(゚Д゚;)」

 女子アナ、フリーズ。
 
 しかし、番組的にはメイド喫茶を盛り立てて終わらなければなりません! こんなに女子アナがひきまくってるとこ散々見せといて今更って感じもしますけど、やっぱりちゃんときっちりシメとかなきゃ全国のメイド喫茶ファンを敵に回しちゃうしネ!!

 というわけで、最後はホットケーキをもそもそと食べる女子アナ映像でフォローして、終わり。ナレーションがわざとらしく、「驚いていたものの最後はメイド喫茶に夢中(うろ覚え)」みたいなことを言ってスタジオに戻りました。
 しかし最後にそんなこと言われたところで、この女子アナが二度とメイド喫茶に行かないのは、誰の目から見ても明らかです

 スタジオに戻ってきましたが、スタジオではスタジオで男性アナが戸惑ってます。そうかそうか、理解不能か。(´-`)

 実は途中で「メイドになりたいオンナノコ」とか、色々映像はあったんですが、女子アナが面白かったんでそこだけ書いてみました。
 いやー、稀に見る面白ニュースだった! ビデオとっとけば良かった!(そこまで?)


 まとめ : メイドさんは18歳以下がいいなと思いました(マテ)


 終わり。

( 2005.11.16 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 今から学校行きます…。今日も今日とて実験三昧、実験室篭り、不健康万歳(ノ∀`)
 
 どこかを弄ってしまったらしく、エンターキーで変換できてた「…」が、シフト押さないと変換できなくなりました。うわーめんどいorz



( 2005.11.14 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
マイメロ「みんな来てくれたらイイナ」感想
 ひつじさんの名前はピアノって言うらしいです。
 ひつじさんが喋れてたら、今回の主役はひつじさんだったかも?(゚∀゚)

■OP前のひつじさん
 ごめん、さっぱりわからん。


■クロミ様、マイメロをストーカー中。
 子供のために注意書きが必要です。覗きは犯罪だYO!
 
 やたらと寝起きのいいマイメロ様は、朝起きてすぐにケーキ作り。
 そして3日後の朝。

「まだやってんのかよ!!」

 バク君、渾身のツッコミ! かと思いきや。

「って、クロミ様だったらツッコんでるところゾナ」

 代理ツッコミかよ!!

 
■巨大すぎるケーキ。
 歌ちゃんを太らせようという、マイメロ様の陰謀でしょうか。
 巨大ケーキが歌ちゃんの誕生パーティのためのものだと知ったクロミ様は、すかさずクロミノートを開いて、

「クロミノートNO.3155! あれはーあたいの誕生日パーティー。(画面上部に地震情報)みんなに食べてもらおうと思って、あたいがケーキを作ったのにー。あいつが風邪ひいたせいで、急遽パーティーは中止になり、あたいはひとり、ケーキの前で泣いてたのさぁ。
 あのときのあたいの悲しさ、マイメロにも味あわせてやるぅ!!」

 注 : 誕生日なのはマイメロ様じゃなくて歌ちゃんです。


■パパ、仕事放棄。
 原稿を書かないパパに、恨み言を吐く編集者。やけにリアルだな。
 「一度でいい、〆切前に原稿がもらえたらどんなに楽だろう!」と言う彼の所に、クロミ&バクが登場。夢の扉1つめー。
 で、その頃マイメロ様は。

「あ。(牛乳をボウルに入れつつ)ゆめのとびらが開いた! (入れすぎに気づいて)あ。たいへん」

 お前の使命を言ってみな?(^^)

 パパはカウボーイ編集者に捕まって、強制執筆開始。ガンバ。


■琴ちゃんat飼育小屋withあやちゃん。
 鳥の丸焼きを食べたいと言うあやちゃんの所に、またもやクロミ様&バク登場。夢の扉2つめー。
 で、その頃マイメロ様は。

「(氷を取り出しつつ)あ、また開いた。(氷を落として)あっ、いけない」

 痴呆症なら早く病院に行ってね?(^^)

 一方あやちゃんは猫化。飼育小屋の鍵を閉められて琴ちゃんピンチ。ガンバ。


■PM4時。
 まだケーキを作ってるマイメロ様。家族が帰ってこないので、寂しげな歌ちゃん。
 そうだよね、うさぎだけじゃ嫌だよね

 そんなときに、小暮(オマケ)とフラット君が到着。まだ誰も来てないと知って、驚く1人(オマケ)と1匹。
 人間(オマケ)とネズミ(某様の下僕)がリビングに行ってみると、痴呆症のうさぎ様(主役)が一言。

「あ、そういえば。何度も夢のとびらが開いてたわ」
「「それだー!!」」

 クロミが邪魔しようとしてると気づくフラット君。
 脳の皺の数 : ネズミ(下僕) > うさぎ(主役)

 フラット君をお使いに出して、小暮はパパのところに行こうとしますが、自分の使命を忘れ果てたうさぎ様は。

「でもどうしようー。生クリームはね、つのが立つまで泡だてなくちゃだめだし」
「来るんだ!!」
「いやーん」

 いやーんじゃねぇよ!(ノ `Д´)ノ┻━┻


■ポエム新人賞。
 美紀ちゃんに何か仕掛けようとしたクロミ様でしたが、何もしなくても長引きそうだったので撤退。


■夢野家。
 誰もいなくなった家で、琴ちゃんは思わず涙。
 そこにタイミング良く柊様からお電話が。部活の名簿で、歌ちゃんの誕生日をGETしてたらしいです。マメですな。
 それに納得しながら、泣き笑う歌ちゃん。柊様の頭によぎる色んな歌ちゃん(安来節追加済み)
 柊様は、歌ちゃんのお誕生日を祝いたいらしいですヨ。


■働く小暮君withマイメロ様。
 パパのところに急行。到着したマイメロ様が魔法を使おうとしますが、

「メロディー……あ、ちがった」

 うん、それは泡だて器だよ?(^^)

 で、タクトで再チャレンジ。きりんのぬいぐるみが編集者の胃を「きりきり」攻撃。マイメロ様らしい陰険な魔法ですね(笑顔)


■続・働く小暮君withマイメロ様
 今度は琴ちゃんとこに急行。校長先生の像(?)に魔法をかけて、教育的指導攻撃。「おねがい」を使うまでもなく、あっさり勝利しました。
 
 で、次は奏さん。こっちはまたまた、菊池が暴れておりました。これもあっさり勝利。

 次は美紀ちゃん。が、ここは魔法とは無関係なので、「マイメロには何もできない」とのこと。役たたずめ。
 そんなところにフラット君が、「マリーランドから強力な助っ人を呼んできた」とマイメロ様(生クリームかき混ぜ中)にご報告。よくやったぞ下僕。
 んで。

 ひつじさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!

「んめーあっぱー。んんめっんめ、んぽっぽ」

 誰か通訳呼んで来てー。

 but、美紀ちゃんと審査委員長には伝わったようです。美紀ちゃん、意外なところにライバル発見。

「ひつじさんがポエム得意でよかったわv」

 はい、次いってみよう!

 で、次は真菜ちゃん。若返った老師(100歳)が道場で大暴れ。真菜ちゃん、応戦できず。

「まーなちゃん」
「うわーこっちにも勝てんわー」

 マイメロ様に勝とうなんて、100万光年速いよ(゚∀゚)

「やーん。お願いきいてくれそうな人がいないわー」

 そこでフラット君が名乗りをあげました! さすが下僕!
 また気絶しにいくのかと思いきや、今度はひつじさんの力を借りて睡眠に入ろうとしています。

「ひつじさんが一匹……」

 四匹でダウン。小暮がよし!と言ってマイメロ様を振り返ると、

「ひつじさんが……」
「おーきーねぇーかー!!」

 さすがぬいぐるみ。顔筋が柔らかい!

 眠そうな声でフラット君に魔法をかけるマイメロ様。道場破りに大変身ー。
 更に、「もーっとお願い」でありえない怪力を発揮。「マリーランド拳法究極奥義、レインボー拳!」で、老師をよぼよぼボケ老人に戻してしまいました。ご苦労さん。 


■柊×歌ちゃんイベント勃発。
 迎えに来た柊様の車に乗り込んだ歌ちゃん。

「世界で指折りのパティシエのケーキを予約しておいた。食事が終わったらプレゼントを買いに行こう。何なら、店ごと買おうか」

 そこで家族を思い出す歌ちゃん。家に戻してください、と言う歌ちゃんに、柊様ビックリ。が、

「…わかったよ」

 傷つく柊様。柊→歌ちゃんはもう確定したようですね。


■帰宅。
 誰もいないかと思いきや、リビングに入った途端クラッカーの音が。

「マリーランドのみんなも来てくれたのよ」
「呼んだの!?ΣΣ(゚д゚lll)」

 パパが柊様にちょっかい出しますが、柊様は不機嫌に帰ってしまわれました。庶民のギャグにはついていけないようです。


■クロミ様

 「俺も仲間に入りたいゾナ」と言うバクをボコるクロミ様。
 そんな二人にマイメロ様がケーキを宅配。今日は大勝利したから、特別大サービスだね★

 ってゆーか、覗かれてるって知ってたのかよ。

「今日は、わたしもクロミちゃんもたいへんだったね」

 それ、嫌味だよね。

 というわけで、クロミ様全敗。合掌。


■小暮×歌ちゃんイベント
 階段にでひとりでいた小暮のところに、歌ちゃんがお礼を言いにきました。ときめく小暮。歌ちゃんより、歌ちゃんにときめいてる小暮が可愛い(*´`)
 小暮のプレゼントは花の髪飾り。マイメロ様とおそろい。

「似合う?」
「えーと、よくわかんねぇ」
「えー! なによそれー!」

 そして、デバガメ三匹。

メロじじ「ははは」
メロパパ「いいなぁ、若いもんは」
メロママ「ふふふ」
 
 いいから帰れ。


■次回、「ヒーローになれたらイイナ3」
 マイメロ様は今回働きすぎたので、次回はちょっとサボリ気味。いひっ☆
 

( 2005.11.13 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:11 )
BLOOD+第6話「おとうさんの手」感想
 さてさて、パパ救出作戦開始です。果たしてアルジャーノの食ってる飴は何味なんでしょうか! ってゆーかこの記事、アルジャーノに食いつきすぎですけどOKですか!


■atヤンバル
 お父さんは地下にいるそうで。
 ハジの髪がひらりと翻ってるのが、やたらと印象的でした。長髪設定活用中ー。ポニーテールにでもすればいいんじゃないかな!


ムッシュ諏訪部キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
 突然だったので心の準備が……(*´Д`)
 しかし出てきたのはいいですが、飴が何味かはわからず…残念(マジで)
 ……どうも、飴を食う音が毎回リアルだなこのアニメは。
 えーと、オプションDが発動されるようですよ(どうでも良さげ)


■兄弟。
 救出隊が地下でごそごそしてる間に、ご兄弟は語らっております。
 が、ジュリアの「なんですって!」で中断。
 米軍がヤンバル一帯を空爆するつもりだそうで。ジャミングされてるせいで、通信もできないとのこと。
 で。小夜たちに知らせるために、

 カイ兄ちゃん出動。

 よし、がんばれ足手まとい!(マテ)


■デヴィットさんのお話。
 米軍はヤンバルで、人工的に翼手を作る研究をしていた。
 ベトナム戦争を境に、翼手が異常に目撃され始めた。その現場には米軍、もしくは米軍を中心とした多国籍軍が存在していた。
 翼手が出現した地域には、米軍の海兵隊を中心とした部隊が送り込まれている。それらの全てが、沖縄を経由して現地に向かっている。

 と、いうことだそうです。


■出ました翼手。

「小夜、戦え! 剣を抜け!」
「命令すんじゃないわよっ(☆`Д´)」

 なんて思ったのかどうなのか知りませんが、小夜は戦おうとしません。
 怯える小夜、さりげなく小夜の肩を抱くハジ。こんな非常時にせくしゃるはらすめんとですか(違)

 で、なんとか逃げ延びました。そこでまたもやキレるデヴィット。お前はカンニ●グの竹山か。

「やらなければやられる! 戦場は戦う相手の命の上に自分達の命が成り立っている。そこに立った以上、生き延びることだけを考えればいい」

 前回の復習:デヴィットさんの名台詞 → 「戦うのは俺じゃない」

 これをふまえて今回の要約 → 頼りにしてるんだから戦えよ小夜゚・(つД`)・゚・


ムッシュ再び(゚∀゚)

「後2時間ほどで出撃準備が整う」
「なるほど。でも残念。(飴弄りつつ)僕は最後までその花火を見ている時間はなさそうです。本社から、次の現場に飛ぶように指示がありました」

 え!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)どっか行っちゃうの!? 行かないでよムッシュー゚・(つД`)・゚・

「途中退場かね」
「あなたたちを信じてますよ。(飴をプレゼント☆)よきパートナーとして、成功をお祈りしています。Voyez-vous,comander.(←合ってんのか?)」

 コマンダーはお怒りです。


■で、救出隊。
 デヴィットの考えた作戦を開始しました。
 小夜は刀に血を与え(…変な言い方)て翼手を斬りましたが、

「浅い」

 怖い怖い真後ろすぎて怖いよハジ!!(((( ;゚Д゚)))

 で、ピンチに陥りそうになった小夜を助けに、いきなり

 ジョージー!!

「俺の娘に手を出したバチが当たったなぁ!」
「おとうさん…!」
「元気にしてたか」

 うん、結構ね(オイ)

 パパの怪我は、目が覚めたら治っていたらしい。D67を点滴されてたと。

 合間に入るアルジャーノさん。飴は食べてるの?

 一方でカイがヤンバルに到着。そして突入。

 合間に入るアルジャーノさん再び。飴は食べてない模様。

「ここでの心残りと言えば、サムライマンに会えなかったことくらいか」

 遊佐さんとの絡みが少なかったことが、かなり心残りです。


■エレベーター前。
 エレベーターが上にあるのはカイ君のせいですYO。
 デヴィットさん応戦、小夜呼吸困難気味。…過呼吸?

 小夜の前に落ちてくる翼手。翼手に突っ込むジョージパパ。

 結果 → 血がどばー。(((( |||゚Д゚)))ヒー

 しかしパパは根性で翼手を攻撃、とどめに小夜が一刺し。
 そんなわけで翼手は倒れましたが、ジョージの腹から、更に血がどばー。((( |||゚Д゚)))ヒー
 ちなみにお時間はまだ6時代です。

「おとうさん……?」

 ジョージの手が翼手化してるのを見て、小夜は呆然。
 そんなときにカイが登場。「そんな…嘘だろ」と、こっちも呆然。

「俺は、このままじゃ、フォレストのような化け物に変わっちまう…。この傷が塞がっていくのにあわせて、俺の意思がふっとびそうなんだ…。小夜、お前にしかできないんだよ…。お前の血が、化け物を殺すんだろ…その血を、俺の血に混ぜれば、俺は…お前たちの親父のままで……死ねる」

 ジョージー…(>_<。)

「小夜、全てはあなたの決めることです」

 ハジ、こんなときに喋るのね(>_<。)

「おい! なんとかならねーのかよ!」

 首を振るデヴィット(>_<。)

「ちくしょ、ちくしょう…ちくしょ―――!!」

 カイ君ちょっと煩いYO。


 一度は覚悟を決めた小夜でしたが。

「できないよ…」
「小夜。俺はまだ、お前の親父か」

 いい場面です(>_<。) なのにカイがぶさいくです(酷)

「小夜とリクを頼んだぞ」

 うーん…カイに頼むより小夜に頼んだほうが…。

「つまづいたら思い出せ、なんくるないさ」

 あの話、これの伏線だったのか…。嫌過ぎる…。


 ジョージの死を悼む暇もなく、上から翼手が登場。
 デヴィットとハジが応戦しようとしますが、小夜がキレちゃったのであっさり撃退。血が吹き出してますorz

「まさか、暴走が始まったのか」
「小夜は…自らすべきことを思い出しただけだ。大切なものを守るために、そのためだけに戦い続けてきた」

 ロックオンで、ヤンバル空爆終了。
 そのときには既に車で撤退中。
 ナチュラルに車に乗ってるハジさん再び。黙って車の外の景色を見ております。

 ハジはちゃんと、気遣いもできるんだよ(>_<。)


■次回、「私がやらなきゃ」 

「小夜戦って…貴方の明日の為に…それが貴方の望みなら」

 次回はハジが、剣舞をご披露するみたい?(゚∀゚)


■最後に。
 ジョージパパのご冥福をお祈りいたします…_| ̄|○


( 2005.11.12 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:40 )
まるマ(ヨザムラ)
 学校の授業で、無料HPスペースを申し込むことになりました。
 個人的に持ってるのが既に2つあるので、これで3つ目。そんなにいらないって(ノ∀`)


( 2005.11.10 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(コンユ)
 お久しぶりお題コンユ。
 ヨザムラばっかりにしようかと思ったんですが、ドイツ語お題もあるしあっさりやめちゃいました。
 というわけで、バカップルです(何)



( 2005.11.09 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 ドイツ語10題をコチラから借りてきました。
 なんかないかなぁ、と思ってたら見つけたので思わず…いつ終わんねん(遠い目)
 ま、気長にいきましょう。
 ところで今回の話、ごっつ暗いです。ビビリます。死にネタではないです。救いようないんで、気が向いたら続きます…。



( 2005.11.07 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
マイメロ「ラッキーになれたらイイナ」感想
 マイメロ様が「弱点克服できたらイイナ!」の回でした。
 努力って大切だね★ってことですか?


■クロミ様
 『彼からのデートのお誘いが100%ありそう、ネズミ入りのケーキを見ない限り確実』

 ネズミが材料になってるケーキなんかと思ったので、めっさ気持ち悪かったですorz
 で、柊様からデートに誘われる妄想をする蠍座のクロミ様。

「信じていいゾナ? そんな占い」

 バク君は冷静ですが、そんな冷静ツッコミが役に立ったことはアリマセン。残念。


■「ラッキーになれたれらイイナ!」
 ひでぇ誤植だな、オイ。


■ツーショット写真
 柊様と歌ちゃんのツーショット写真。いつ撮ったのか視聴者も知りたいです。
 その傍らで、

 マイメロ様、耳たてふせ中。

 あの耳、そんなに強度があるもんなんだ…! 横から見ると目がキモイかわいいですね!

 小暮が歌ちゃんの携帯を覗きこんで、軽くショック。

「小暮最近変だよね」
「そうとしか見えんのか…」

 相変わらず鈍い飼い主だな(ノ∀`)

「マイメロ、休んだらあかんで!」
「じゅーしち…じゅー…。真菜ちゃん、耳たてふせおわったよ(真顔)」
「どこが終わったんや。うちは100回言うたんやで!」

 真顔で嘘つきよったこのうさぎ!!ΣΣ(゚д゚lll)

「もうダメです…」

 恨むなら、弱点バラした歌ちゃんを恨めよ(゚∀゚) 


■占いの館
 小暮君、変な女生徒に呼ばれました。学校に何作ってんだよ占部恵子。

「小暮くん。ズバリ言うわよ

 ほ、細木先生パクっちゃった!?(((( ;゚Д゚)))

「あなたのラッキーアイテムは、ずばり携帯電話」

 信じない駆君。妄想はするくせに、案外現実主義者のようです。


■@占いの館前。
 マイメロ様、耳筋養成ギプスで耳を鍛え中。

「ぎぃーーーーーーいやぁっ」

 ここ、萌えるとこなのかな?ヽ(´-`)ノ

 さて、美紀ちゃんが占部さんに占ってもらいました。自分にぴったりの恋人が知りたいらしい。占ってもらった感想は「微妙…」

「私のラッキーチャーム、太れって。太れば理想の恋人が現れるって」

 そら微妙だわ。
 次は、歌ちゃんの番。

「先輩とうまくいくラッキーアイテムは、ずばり安来節よ」
「やすぎぶし!?」
「かつおぶし」

 お前のその長い耳は飾りか(ノ∀`)

「……ダンスよ」
「へえ~。かつおぶしのダンス」

 思い込みの激しいうさぎだな(ノ∀`)

「その先輩の前で安来節を踊れば、効果覿面」
「歌ちゃん、良かったね。かつおぶしのダンスで、先輩さんともっとなかよくなれるね(妄想中)」

 想像力はたくましいのね(ノ∀`)

「そうだね」
「おもしろそ~。恵子ちゃん、マイメロもうらなって」

 視聴者に胸に走る嫌な予感。ああ、やっぱりケーキか(-_-;)

「マイメロがんばって、クロミちゃんのためにケーキをやいちゃう(耳を鍛えつつ)ぅぅぅぅ~! あー」

 素晴らしき芸人魂です、マイメロ様(笑顔)


■安来節=どじょうすくい
 こんなの柊先輩の前でできないと言う歌ちゃん。その隣でお菓子食べながら、やった方がいいと言う美紀ちゃん。
 ……よくやるなぁ。


■クロミ&バク
 占いが当たらないと皆に責められて、(もはや恒例)屋上に落ち込みにいく占部さん。
 どうでもいいですが、赤フンと成績って関係ないような…。……気にせず先に進みます。

 占部さんを発見したクロミ様。悩む占部さんを下僕にしようと画策。顔が悪役モードです(笑)

「いちいちそいつらの夢を聞くより、おまえにその役目をさせれば手っ取りばやいかもねぇ」
「嫌よ、どうせおかしなことになるんだから」

 その通りだよ占部さん。
 が、見破ったところでクロミ様は簡単に逃がしてやくれません。というわけで、夢の扉を無理矢理開きました。カウンセリング制度崩壊。


■水晶玉の化物。
 占部さん、素でキモイっす。
 皆を次々にラッキーアイテムに変身させていく占部さん。初っ端で白山がネズミ化。…オチが見えてきましたネ★

「ラッキーアイテムになれば、みんなラッキーになれるんだから!」

 歌ちゃん→どじょうすくいの格好
 美紀ちゃん→太る。
 真菜ちゃん→ゴスロリ?
 
 真菜ちゃんファンへのサービスですかぁ?
 と思ってるうちに、クラスの子がやたらと動物に変えられていってました。意外と可愛いじゃん。で、小暮は携帯になっちゃってます。まるで芸人のよう。

「こいつらの夢って、コスプレだったのか?」

 クロミ様、勘違いの巻。
 そんなクロミ様に占部さんの魔の手が。

「あなたも幸せにしてあげる。あなたのラッキーアイテムは、ずばり夢を食べる。バクね
「ΣΣ(゚д゚lll)」

 それはクロミ様が一番なりたくないものですよ…! なったら面白かったのに。


■マイメロクッキング

「じゅんびはおっけー。じょうねつはじわっとー。いひ」

 ……いひ?


■永代橋先生。
 パンツのゴムが切れたそうで。そんなときに空中浮遊してる赤フン発見。怪しめよ。
 

■柊様。
 歌ちゃん、踊りながら接近中。誤魔化すために真菜ちゃんが、

「オス、先輩。お手合わせを!」

 問答無用で柊様に攻撃開始。友達思いですが、柊様にしてみりゃすっげぇ迷惑だぞ。

「また、わけの、わからない、ことを」
「いつか、挑戦、して、みたかったんです」

 柊様んとこに行こうとしちゃう歌ちゃん。
 歌ちゃんに引きずられる美紀。
 歌ちゃんにメールを送っちゃう小暮。
 丁度いいから告白メール送っちゃえとけしかけるフラット君。
 そしてマイメロ様は、

「えへ。これで、と。今日は特別だいせいこう! クロミちゃん、きっと気に入(耳を鍛えつつ)る……いやぁはぁぁー」
 
 はいはい、かわいいねー(笑顔)


■@学校。
 赤フン確保。
 永代橋先生は、暴走赤フンのせいで廊下疾走開始。クビにならないのが不思議だ。

 フラット君は携帯化した小暮でメールを打ちました。→『お前のことがすき』 フラット君の言動は、相変わらず女の子のようです。

 真菜ちゃんは柊様と格闘してましたが、

「その服、似合うね」
「うえ、あああ(真っ赤になりつつ柊に噛み付き)」
「……根性は評価する」

 真菜ちゃんまでタラすなよ柊!(☆`Д´)
 真菜ちゃんファンが焦っているのをよそに、柊様は振り返った拍子にどじょうすくい姿の歌ちゃんを発見。普通に気の毒です(涙)

 混乱する学校。歌ちゃんはそれ以上に混乱してる様子。
 そんなとき、上空から暢気な声が。

「歌ちゃ~ん」


■マイメロ様到着

「あれ、みんなどうしたのそのかっこ」
「そんなこと言うてる場合か! なんとかせえ!」

 そーいや今日、夢の扉が開いたことに気づかなかったな…。
 
 屋上に皆が走りこんできました。そんなことには動じないマイメロ様は、クロミ様を発見して。

「クロミちゃん。これ仲直りのしるしよ」
「あん?」
「お前はケーキがラッキーアイテムね。それならケーキにおなり!」

 ケーキにされかけたマイメロを救う小暮。画面に反射して、バクに光線が当たりました。
 落ちてきたバク(ケーキ)が送信ボタンを押して、歌ちゃんにメール送信。

「クロミちゃん、ケーキを」
「今っ、そういう場合じゃあ…!」

 悪役の方が常識的だしorz

 どたばたしてると、白山ネズミがケーキに飛び込んじゃいました。

「ぎゃーネズミ入りケーキぃ!!?」
「あーあ。せっかくクロミちゃんにあげようと思ったのに」

 クロミ様、シロミ様化(笑)
 
 マイメロは美紀ちゃんに言われて、やっと自分の使命を思い出します。遅い。
 阻止しようとクロミ様はマイメロの耳を引っ張りますが、

「耳が伸びない」
「マイメロ鍛えたの」

 ありえないくらい、あっさり弱点克服。ネタを引っ張らないのは、このアニメの美徳ですか?

 今回、魔法ターゲットはタロットカード?の象の絵。ってゆーか王様だし。

「おうさま、も~っと、おねがいv」

 で、あっさり撃退。
 魔法も強化したし、弱点も克服したし…。マイメロ様はやっぱり最強のご様子です(-_-ll)


■小暮のメール

「何このメール。「お前がす」しか書いてない」

 フラット君大失敗。まあ、そう簡単に告白してもらっても面白くないんですケドね★

 ついでに、先輩とのツーショット写真は小暮の写真に変わってました。小暮大喜び。喜びのあまり、占部さんに一言。

「俺には占い、大当たりだったぜ」
「本当?」
「おう、バッチリ!」
「けど、たぶん偶然よね。私気がついたの。基本からちゃんと勉強してから占わなくちゃいけないって

 勉強してなかったんかい!!!(ノ `Д´)ノ┻━┻

 それで「当たる」とか言ってたあたり、占部さんはマイメロ様に負けず劣らず大物デス。

 
■クロミ様の末路
 帰宅すると、柊様からのメモが。

『クロミ。たまには一緒に食事でもと思ってレストランを予約したが、帰りが遅いので、誰かを誘って行くよ』
「(ガーン)」
「ネズミ入りのケーキ見たからゾナ」
「それもこれもマイメロのせいだ! マイメロのばかぁ!!」

 相変わらず相性が悪い二匹でした。完。


■次回、「みんな来てくれたらイイナ!」

 マイメロ様は病原菌にやられたりもするようです。いひっ☆


( 2005.11.06 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:9 )
BLOOD+第5話 「暗い森のむこうへ」感想
 ジョージ翼手化警報発令中ー。
 お父さんは殺せない…! って展開があったらいいなぁと思いつつ、無感情に斬りそうな予感もあるようなないような…。

 さて、そんなこんなで5話目。母に「あんたそんなん好きやなぁ」って言われつつ、頑張って見るワタシ。でもきっと母親は、BLOOD+と地獄少女をごちゃまぜにしてると思ふ。…いいけどね。

■カイ君の怒り

「確認したぁ!? だったらなんで止めねぇんだ!!」

 我々の動きが洩れれば、今後の任務に支障が出るとデヴィットさん。
 絆創膏でマヌケキャラになったかと思いきや、今回は冷静キャラに戻ってしまいました。ヘタレ好きとしては非常に無念です(涙)

 さて、小夜はカイに目を逸らされて微妙に落ち込み?
 わかりました、と言ってデヴィットについていく小夜にカイ君は

「待てよ!」

 キムタク風に言ってほしかったなぁ(何)


■@病院。

「私が行くしかないんだよね。ハジ。あなたも手伝ってくれる?」
「それがあなたのお望みなら」

 小西さんハジに命令する小夜を早く見たいなぁ、と思う今日この頃。いやー敬語いいですねぇ!(オイ)

 で、小夜は屋上に向かいました。しかしそこにカイとリクがいたので、出るに出られず。
 立ち聞き娘再び。

 「小夜姉ちゃんとも一緒に」パパを助けに行こうというリクに、

「小夜は俺たちとは違う」

 自分が弱いからって拗ねてるぞこの男……!

 小夜ショック。だから立ち聞きは良くないんだって。


■72時間経過
 パパ誘拐事件から既に3日。関係ないけどデヴィットの携帯代、一ヶ月いくらなんだろ。すげー高そうだ(笑)

「潜入作戦の増援はない」

 デヴィットたちだけでやるしかないそうです。まあどうせ、小夜頼みなんですけどネ。

 
 CM。やけにカガリが元気でした。本編で喋らなかったからって、そんなとこで…゚・(つД`)・゚・


■琉球毎日の岡村さん(cv.伊藤健太郎)登場。

「わしらの声はフェンスの内側には届かん。昔から何も変わってはおらん。それが沖縄の現実だよ」

 医者が危険な発言をしております。嫌がらせに米軍の写真撮るだけのことはあります。

 通り魔事件の遺体は全部回収されてる→場所はヤンバル。
 デヴィットのパパ回収作戦はいたって簡単。

「ヤンバルには小夜とハジ、私だけで行く」

 デヴィットは足手まといにならないんだろうか。

 さて、カイ君乱入。足手まといにならないと言い張るカイにデヴィットが、キレちゃった(゚∀゚)

「本気?」
「手を抜いては教育にならん。体に刻み込む」

 性教育だったら18禁だよね。

 というわけで、デヴィットさんの教育開始。や……やりすぎじゃないか!?(((( ;゚Д゚)))
 ま、小杉さんの声が渋いので私はOKです。痛い目にあうことも必要だよ★

「これが我々のいる世界だ。今のお前が入ってこれる世界じゃない」
「(涙)」
身の程がわかっただろう。おとなしく我々の帰りを待つんだ」

 なんか哀れだよカイ君(ノ∀`)

「小夜、俺も一緒に…」
「カイは来ないで。カイはここで帰りを待ってて」
「何言ってんだよ」
「何もできないカイは足手まといなの。だからここにいて」
「う…_| ̄|○ 役にたたねぇってか_| ̄|○」

 凄く哀れだよカイ君(ノ∀`)

「小夜姉ちゃん、きっとカイ兄ちゃんを危ない目に合わせたくないから」
「そんなのわかってるよ! だから言ってんじゃねーか。大切なもんを大事なときに守ってやれねぇ。何もできねぇ。…ちくしょう…」

 ……強く生きろよ。


■潜入準備。
 
「翼手を狩るのは俺じゃない」

 やっぱり小夜任せですよコノヒト。

 さて、小夜は荷物の中におにぎりを発見。
 カイとリクからの差し入れです。泣かせるじゃねーか゚・(つД`)・゚・

 で、準備完了。パパは翼手になってるんでしょうか…。


■諏訪部キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!
 待ってました、ヴァン・アルジャーノ。公式によると、「米軍と行動を共にしている謎のフランス人。翼手の謎を解く鍵を握る人物か?」だそうです。わかりやすく言うと変態です(違)

「デルタ67は、貴様らが開発したものだろう!」
「ご使用の際は、使用上の注意を守ってお使いください。そうラベルには、(飴を食いつつ)書いてあったと思いますが?」
「(☆`Д´)<飴食ってんじゃねぇ」

 アルジャーノは飴が好きなようです。今日は梅味じゃないご様子。
 怒る米軍関係者に、

「キャンディでも食べますぅ?」

 いただきますぅ(*´Д`)←???

 彼らが逃がしたマウスを処理するためにやって来たらしいアルジャーノ。フランスと関係はあるんですかね。

「ヤンバルを自然に帰すだけです」

 オプションDとやらで、ヤンバルは自然に帰されちゃう模様。
 どうなるジョージ! 死なないでジョージ! 大塚さんに喋らせてあげて…!(ノ∀`)

 
■次回、「お父さんの手」
 アルジャーノはまた飴食ってました。



 



( 2005.11.05 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:27 )
まるマ(ヨザムラ)
 前の100題が終わったんで、今度はコチラから「普通に50音で40のお題」を借りてきました。
 これ全部ヨザムラにできたら面白いのになぁと思いつつ、やっぱり予定は未定。
 お題は変わってもスタンスは変わらないんで、基本はしょーもない短文です。あんまり期待せず、ぼんやりとお楽しみください。


( 2005.11.05 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:1 )
オリコンランキング。
気になったランキング色々。参考はコチラコチラ

■「oricon style」読者が夢中な少女マンガ BEST10

順位 タイトル      出版社
1  NANA         集英社
2  花より男子      集英社
3  ハチミツとクローバー 集英社
4  のだめカンタービレ  講談社
5  天使なんかじゃない  集英社
6  彼氏彼女の事情    白泉社
7  恋愛カタログ     集英社
8  ガラスの仮面     白泉社
9  フルーツバスケット  白泉社
10  ちびまる子ちゃん   集英社


 集英社・白泉社・講談社の順です。勝ち組と負け組みがはっきりわかれてしまいました。ガンバレ講談社…!
 ちなみに私は白泉社派。派、というか、たまたま読んでるのが多いだけですが(ちょっとだけ)。


■2005年11月02日 付 DVDアニメランキング

1 DRAGON BALL Z 第1巻
2 DRAGON BALL Z 第2巻
3 DRAGON BALL Z 第3巻
4 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9

 ガンダムVSDRAGON BALL
 結果、DRAGON BALLの全勝(笑)


■2005年11月07日 付 マガジンセールス週刊ランキング

1 週刊文春 文藝春秋
2 週刊新潮 新潮社
3 週刊現代 講談社
4 週刊ポスト 小学館
5 週刊朝日 朝日新聞社

 ここは講談社頑張ってるよ…! って言いたかっただけです。
 買わないからあんま興味はないです。


■アニメ視聴率ランキング(10/24~10/30)
1 サザエさん 10月30日 フジテレビ 24.2%
2 ちびまる子ちゃん 10月30日 フジテレビ 16.6%
3 ワンピース 10月30日 フジテレビ 13.3%
4 クレヨンしんちゃん 10月28日 テレビ朝日 11.9%
5 名探偵コナン 10月24日 日本テレビ 11.1%
6 ドラえもん 10月28日 テレビ朝日 10.8%
7 ブラック・ジャック 10月24日 日本テレビ 10.5%
8 ふたりはプリキュアMax Heart 10月30日 テレビ朝日 9.3%
9 金色のガッシュベル! 10月30日 フジテレビ 9.0%
10 アイシールド21 10月26日 テレビ東京 8.5%

 全年齢向けのアニメが強いようで。やっぱBLOOD+は入らないようです。血まみれだしネ。
 私的にはマイメロをプッシュしたいんですがね…!

 というわけで、気晴らし終了。
 今からお勉強シマス…゚・(つД`)・゚・


( 2005.11.04 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:1 )
まるマ(ヨザムラ)
 日本の大学はアメリカと違って入るの難しいけど卒業すんのは簡単だっていいますが、

 一瞬でも気を抜くと留年しそうな勢いなんですが。

 ソツロンでジッケンをしてて、そのせいで帰宅時間が9時過ぎでした。しかも帰るまでなんも食べれませんでした。

 泣いていいですか。

 今日は2限だけだったんですっぱりサボりました。3限からは学祭の準備で休講。
 今からデータの入力でもしようか、な…_| ̄|○
 

( 2005.11.02 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。