スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
まるマ(ムラユ)
 お久しぶりムラユ。
 …らぶらぶです(笑)
 
スポンサーサイト

( 2005.09.30 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(コンムラ?)
 マニメの30話の村田さんがかっこよすぎた。吃驚。大好き(告った)

 で、唐突にコンラッド×村田。
 ヨザムラばっかり書いてたんで、ちょっと目先を変えてみました。
 またマイナーなとこ突きましたが、実は読んだことすらないです。わお。

 やっぱり性格的に、村田は攻めだ思ふ。

( 2005.09.29 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 ヨザムラの力関係。
 村田>>>>>>>>>|>>>>>>>>>ヨザック。


 途中で断絶してました。

( 2005.09.28 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
どうでもいい考察
 人生で一番勉強したのは、高3の12月だと思うわけで。
 大学入ってから高校の勉強を活用した覚えがないわけで。
 大学教育ってなんなんだろうって思わなくもないわけで。

 受験生の皆さん、頑張ってください。
 大学行ってから脳が退化してもいいように、今のうちに脳細胞育てるが吉。
 きっと大半の大学生はそんな感じだと思う今日この頃。

 ちなみにウチの生徒(中3)は受験生にもかかわらず、週に1回はカラオケに行くツワモノです。
 今から3年分の英語の勉強をする気らしいです。もう何も言うまい(ノ∀`)

 えーと、電車の中で受験生を見かけたので、なんとなく考えてしまったことでした。そういうときもあるさ(あるらしい)

 ちなみに大半の時間は、話のネタを考えてたりします。駄目人間万歳。
 まー次何書こうかなぁって、思ってるわけなんです。マの長編も終わりそうだし。

 同人の王道としては、色々ネタは満載。
 記憶喪失とかチビ化とか獣化とか人格入れ替えとかタイムトラベルとか…死ネタとか…。
 マは完全パラレルやってないので、それを試してみるのもアリかなぁと思いつつ。お正月に限定小説申し込んで頂いた方のアンケートによれば、求められてるのは甘々で、あんまりパラレルは人気なかったんで…うーん…。
 まあ、書きたくなったらコソコソ書いてると思うんですケド。

 この際全部やっちゃうという手もありかも。ありですか?(聞くな)
 なんかこう、すっごいアホっぽい恋愛を書きたいような気も…。あんまり感情がごちゃごちゃしてくるとまた同じ流れになってくるんで、なんでやねーんって感じの……どんなだ。

 あー…マのふ●ぎ遊戯パロが読みたい(唐突)

 というわけで(?)、長編終了後はちょっと休息します。
 だって卒論が……_| ̄|○



( 2005.09.27 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 今日から学校。
 …朝から何してるんだろ(渇笑)


( 2005.09.26 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
マイメロ「チャンピオンになれたらイイナ」感想
「マイメロ、学校好きなんだ?」
「うん、だって勉強たのしいもん」

 初っ端から快調に飛ばしてくれますね、このウサギは。
 お前が授業理解できるはずないだろ!!?


■格闘技に興味を持つマイメロ
 暑苦しい練習を見学する羽目になる歌。ウサギの飼い主も大変です。
 
「格闘技じょうずになったら、真菜ちゃん仲良くしてくれるかな」

 けなげだ…! けなげさで視聴者の心をゲットしようとしています! 正直微妙です。

『気合だー気合だーなんだこのやろー!』

 なんか混じってるような。しかし嫌な時計だ。視聴者の胸に嫌な予感が走る。今日は…これですか…?

 その後、会長が時計をくれました。更に募る嫌な予感。


■太田君・中沢君・琴ちゃん
 太田君の特訓に付き合ってやる琴ちゃん。
 過去回想に入り→琴ちゃん、ヤマトが1年生をいじめてる場面に遭遇。そこに太田君登場。が、相手にビビって何も言えず。
 一応最後に「今度の大会でお前に勝つ!」と言ったものの…

 このヘタレめ…!


■嫌な時計でお目覚めの朝
 超不評です。マイメロと琴ちゃんは、どこかに出かけていきました。歌といつも一緒じゃないらしい。

「そんな時計、ほっとけい」

 歌ちゃん、パパに洗脳されたようです。


■特訓。
 太田君がやってる隣もしくは後ろで、マイメロが一緒に頑張ってます。マイメロにも筋肉はつくんでしょうか。うーん…?

①腕立て伏せ
 マイメロ3回でダウン。自棄になったのか、体をぐりぐり地面に押し付けてます。

「いーち、にー、さーん、」
「それ、なんの運動だよ」

 フラットくん、いいツッコミです。

「あーあーあーあー。おめめぐるぐるぐる…」
「ナイスボケだね、マイメロ(ノ∀`)」


②荷物引き
 こーゆー特訓、なんて言うんだろう?
 えー、マイメロは…。

「うんしょ、よいしょ」
「マイメロ、がんばー」

 フラット君が調子に乗った途端!
 マイメロが石につまづき、フラット君はどこかへ飛んでいってお星様になってしまいました。

「いたたた、フラットくんだいじょーぶー?」
「大丈夫なわけあるかボケ!!(ノ `Д´)ノ┻━┻」


③葉っぱ取り
 太田君はすごいですが、一方マイメロは。

「葉っぱさんまってーあわわわわ…」
「葉っぱに追いかけられてるよ!!」

 はいはーい、可愛いですねー(適当)


④ランニング
 猫に追いかけられました。終わり。


■クロミ様登場

「ほえ面って何?」

 バク君ギャグ3連発→青空、禿ヅラ、銅鑼銅鑼。

 しかし今日は冷えますねぇ。


■「すてき~」
 マイメロ、真菜ちゃんに鞍替え? しかしウサギの応援は、真菜ちゃんには迷惑だったようです。

「マイメロのパンチ、うけてみる?」
「パンチぃ?」

 ここで断るのが得策です。が。

「ほな、やってみい」
(特訓であみだした必殺パンチ)

 燃え始めたマイメロを見て、真剣になる真菜ちゃん。駄目だ、乗せられてる…。

「ひっさつぅーとびだすフラットくんパーンチー」

 あー飛び出したー。

「…お前も大変やな」
「…はい゚・(つД`)・゚・」

 それ、パンチちゃうから(一応ツッコミ)


■クロミ様の誘惑
 太田君に誘いをかけますが、太田君はきっぱり断ります。自分の力で勝たないと意味ないし、だそうで。
 ほえ面に疑問を持ったようです。わからんのかぁ。

 が、断ったものの練習でチームメイトに負けてしまい…。
 
「これがほえ面ってやつ?」

 謎は解けましたか? クロミ様。


■試合当日
 クロミ様の魔法によって、太田君の目が種割れ状態に…(cf.某局土曜アニメ)
 
 様子のおかしい太田君に気づく皆様。グラブがおかしいようです。

「今頃きづいたのかい?」
「クロミちゃん」
「むっふっふっふーん」
「クロミちゃんだめよ。めっ!なんだからー」

 マイメロさん、その説得は逆効果です。

「うるさいっ! クロミノートNO6031」

 3時間もかけてつけたつけまつげを、マイメロに取られたらしいです。くっついたことが奇跡です。
 マイメロにもほえ面はわからなかった様子。


■太田君、正気に戻る。
 グラブ投げ捨てたはいいですが、今度はグラブが勝手に暴れ始めました。
 マイメロ様、出番ですよー。


■やっぱり時計か…。
 おっさんの時計がマイメロに「おねがい」されて、大活躍。むさい。
 そして、おっさんサヨウナラ。

 ヤマトと太田君は和解が成立したようです。
 次は正々堂々がんばってください。めでたしめでたし。


■ほえ面
 
「ええ加減に、せえー!!」

 真菜ちゃんにやられて、体育館から飛んでいくクロミ&バク。

「ほらこの顔、この顔ゾナ~!!」

 ほえ面の謎は、実体験によって解決。
 飛ばされた勢いで、柊様のおうちにご到着。

「うるさい」

 咎めた柊様でしたが。
 バクの口から飛び出した黒音符が、空で楽譜を作ったので驚愕。

 あらー、中途に終わりましたねぇ。


◆次回、「柊様になれたらイイナ!」

「こんなことはじめて。うう、どうしていいかわかんない…」

 !?Σ(゚д゚) マイメロに泣きが入りました!
 よくわかりませんが、来週は一波乱ありそうですねー。


( 2005.09.25 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:3 )
種運命49話「レイ」感想
 今日のアスラン→元仲間と復縁しました。

 というわけで、テロップが鬱陶しいんだよこの野郎、と口汚く罵りたくなった今回。だらだらと適当に振り返っていきたいと思います。

■冒頭。
 やーっと冒頭で、前回の復習をしなくなりましたね。遅ぇよ。
 ラクスの「道をあけなさい」は、録音しておくと違う使い道を期待できそうですね。車乗ってるときにスピーカーかなんかで流してみたら、少なくともラクスファンは反応して…くれるといいですねv(無責任)


■ロゴスの残党呼ばわり。
 ラクス様、ご立腹です。あんなのと一緒にしたら、お仕置きされちゃいますよ(笑顔)

 「あいつら~」と唸るイザークに萌え。今日は全体的にイザークが可愛かった…(*´Д`)


■お呼び出し
 シンの最後の洗脳に乗り出す議長。が。最初の方、返事してんのはレイだけです。
 
「我々はもう、これ以上戦いたくないというのにね」

 あんなもん撃っといて、勝手な言いようですね!
 シン君はどうやら、レイにほだされてしまったようです。カミングアウトが強烈だったんでしょう。

 レイが作られたのはキラの…うーん…副産物? それで大ッ嫌いなわけですか。レイのような存在が、もう生まれないようにしたいんだそうです。ふーん(興味なし)

「だからその未来は、お前が守れ」

 シンが思い出した人たち。
 ①妹(死人)
 ②ステラ(死人)
 ③ルナマリア(死人候補)

 流れでいくとルナも死にそうデスが、幸い今日は生き残りました。ほっ。
 ってゆーかあんた、両親はいいの両親は!?


■戦闘中の皆さん
 ネオさんも出ました。眼帯のお姉さまも出てきました。

「一応出ていって、瞬殺されてくるー?」
「ばか者! そんな根性なら最初から出るな!」

 今日のイザークとディアッカは、なんかこう、見てるだけでお腹一杯になる感じです(危)

「今俺が殴りたいのは、アイツだけだ!」
「えぇ?」
「よくもまたおめおめとあんなところに…!」
「…はぁ」

 この人たちだけ見てると、えらく平和な気分になれますねぇ。
 ディアッカが、キレた夫を放置する女房のよう…。いえ、別に腐女子的萌えはないんですがー。

 で、ルナマリアが出ました。案外しぶとく生きてますよね、彼女(酷)

(これでいいのよね、シン)
「おねえちゃん、やめて!」
「はっ。メイリン!? エターナルに?」
「なんで戦うの、なんで戦うのよ? どのラクス様が本物か、なんでわからないのっ?」

 む、無茶を言うでない、妹よ。お姉ちゃんはね、金髪クローンに邪魔されまくりの恋愛活動で手一杯なんです! カレシは主人公なのに頼んないし!
 とか言ってたらルナ、やられちまったよ。死んでませんが。


■アークエンジェルピンチ

「アークエンジェルはやらせん!!」

 金ぴか来ましたよ!! 攻撃を受けた衝撃で記憶がフラッシュバック。ありがちだなぁ、おい。

 で、思い出しました。記憶が戻りました。

「大丈夫だ。もう俺は、どこにも行かない」

 ムゥ…!とか言って盛り上がってる場合か。
 戦闘中ですよーお願いしますよー気ぃ抜かないでくださいよー。

 
■アスラン、叱られる。

「貴様は! またこんなところで何をやっている!!」
「何をって、こいつ落とそうとしてんじゃんかよ」

 ディアッカが答えるんですか。アスラン、置いてけぼり。ちょっと疎外感?
 その後も二人の漫才(?)は続き、

「それより早く、やることやっちまおうぜ」

 ディアッカは話し合いが面倒になったようです。よく言ったディアッカ! 戦闘中なんで、ごちゃごちゃ言ってないでとっとと戦いましょう。


■シスコン
 携帯で妹の声を聞くシン。…もう何も言うまい。
 
「もっと信じてやれ。彼女は強い」

 レイはカミングアウトしてから、ちょっと懐が広くなったようです。死ぬ前なので、寛大になれるんでしょうか。ジブリールを撃ち損ねた件は、もう許してくれるんでしょうか。それとも恋のライバルを認めてやることにしたんでしょうか。

「オーブは…」
「お前が救ってやるんだ、あの国を。そういうことだ」

 あはは、どういうことやねーん(自棄)


■シン&レイ発進

「さあ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン」

 議長の狙いはあくまでラクスだということで。オーブの方はあんまり気にしてないみたいですね。やっぱり可愛い子ほど苛めたくなるんですか?(黙れ)

 でも、今日のラクスは妙に可愛かったと思うんですが…。なんでかな…作画に気合が入ってたのかな…(謎)

(キラ・ヤマト。お前の存在だけは、許さない)

 さて、レイ君はキラ君しか目に入ってません! アスラン無視! ちょっとは気にしたって!!

 さて次回、「最後の力」
 最終決戦はキラVSレイ、アスランVSシン…ですか?
 でもルナマリアもいるのかー。
 
 ところでカガリとはどうなるんですかー。メイリンはどうなるんですかー。
 この話、アスランの女関係の清算が一番大変そうです。


( 2005.09.24 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:15 )
ASUKA感想。
 ゲーム化ってマジですか…!

 雑誌の立ち読みに成功し、ゲーム化にときめいてしまいました。
 アニメの1話を見てからずっとBGMがRPGっぽいと思っていたので、あんまり違和感はありません。話だってミッション達成、って感じだし。

 でも私は、格闘ゲーム希望派です。

 ギュンターがお菊に変身して攻撃、とか。
 ギーゼラが鬼軍曹に変貌すると、攻撃力が倍になるとか。
 アニシナの毒で、HPが半減するとか。
 魔王がくま耳を装着すると、敵は大ダメージを受けるとか。

 燃え…!(ぇ)

 漫画の方は、えらいヴォルフが可愛かったです。受け受けしてます(笑)
 …感想以上(しょぼ。)

 ドラマCDが何やら発売遅れてるみたいですが、なんというか計画性がないですね。しかも次の刊、当分出ないんだ!?(((( ;゚Д゚)))
 ヨザックあのまま放置っすか。いないと大変だと思うんなら生かしてください逝かせないでください先生…!゚・(つД`)・゚・

 
 関係ないですが、本誌ブリーチの展開が凄すぎて笑えました。
 シロちゃん学ランで闊歩してるよ…!

 ところで、イヅルはどうしてるんですか。


 終わり。

( 2005.09.23 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
私的CP考察。

・話が甘くなる順
 コンユ>ムラユ>>>ベルリンの壁>>>ヨザムラ

・オチをつけたくなる順
 ヨザムラ>>>鉄壁>>>ムラユ>コンユ

 要するに、村田さんは最強なんです(ぇ)



( 2005.09.22 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
眠いときに書くとこういうことになるという見本のような話。
下品です。アホです。要注意!



( 2005.09.20 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
 最近気づきました。こんらっどって打つと、Conradって変換してくれることに…。でも、ヨザックは変換されないことに…。

 うちのパソコンの判断 ⇒ コンラッド>ヨザック。

 ゚・(つД`)・゚・




( 2005.09.19 ) ( おはなし ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
マイメロ「手伝ってもらえたらイイナ」
 恒例になるのかならないのか、まあとりあえず2回目の記事、見るのは3回目です。いってみよー(軽)

■マイペースなマイメロ。

「今日はお弁当作るのに5時間もかかっちゃった」

 最初の方に作ったおかず、もう冷めてますよね…!
 できたてで既に冷めてるお弁当。…味はいいらしい。

「はぁ~紅茶がおいしv」
 
 ~~~!!(←言葉にできないなにか。)

 マイメロは、関西人のツッコミ魂に火をつける存在だと思います。


■委員長・駒鳥さん

「私ってほらドジっ子だから、そういうとこ治したいの」

 言うー!? 自 分 で 言 う ー !?

 自己申告のドジっ子をはじめて目にしました。ドジっ子って普段使う言葉だったのか。私はてっきり、ソーユー系のゲームでの専門用語だと思ってました。
 全国のドジっ子のみなさん、これからはどうぞ自己申告でお願いします。

 さて駒鳥さん、自己申告通りのドジっ子なので、資料を散らかした上に大事なデータをなくしてしまいます。

 マイメロはそれを素早く感知 at 木の上(単に物音に気づいただけですが)
 窓から資料室に侵入。

「たいへん、たいへ~ん」

 言うてる暇あったら、早よ手伝ったれ。

 で、ぬいぐるみのくせに普通に駒鳥さんに喋りかけます。ぬいぐるみだと気づかれたので、「これは夢なんだよ」。
 馬鹿にするにもほどがあります。こんなんで誰が騙され……

「そっかあ」

 騙された_| ̄|○

「マイメロもお手伝いする」

 が、役にたたなかった。
 そんなマイメロに駒鳥さんはご相談。

「頑張ってるんだけどドジばっかりで、嫌になっちゃう」
「だいじょうぶだよ。がんばったら、ちゃんとわかってもらえるもん」

 こんなのに慰められるのは、結構な屈辱だと思います。

 …授業終わるまで寝かしとくなよ!?


■クロミ様
 妄想中。一緒にお風呂に入りたいらしい。
 柊様が来た。と思ったら、グラサンのおっさんだった。セバスチャンと言うらしい。お風呂間違えたらしい。

 柊様は「騒がしい」とご立腹。当然の感想です。


■データ紛失に気づきました。

「めがねめがね~」
 
 やすし師匠のネタをパクってみました。眼鏡は無事発見。
 そこにクロミ様登場。ぬいぐるみに手伝ってほしいということで、魔法発動。なんかバイオリンの音楽が…
 何が出るかな何が出るかな、ちゃちゃらちゃんちゃんちゃちゃちゃちゃん(嘘)

 ぽんっ。

 手乗りマイメロが出ました☆

 まあ可愛いよ。喋り方が相変わらずアレだけどね。
 データを探して、と言うと、

「耳を持って振ってね」

 う、うおーうをー魚ー。わさわさマイメロが増殖中。
 クロミ様びっくり。本物もちょっとびっくり。

「クロミノートNO790。あんた温泉に行ったとき、100数えるっていうのを間違えて…
(回想)
『あのね、1000かぞえてあがると、ぽかぽかになるって』
『そっかあ…。いーちーにー…はっぴゃくさんじゅうきゅ…(ダウン)』
 おかげでアタシはすっかりのぼせて、一晩中天井ぐるぐる回ってたんだよう!」

 ……っ!!((((;゚Д゚)))

 マイメロ様って呼んだほうがいいんですか。気に入らない奴は消される運命なんですかどうなんですか。
 
 そして手乗りマイメロは、また増殖したのでした。


■本物と手乗り

「あなたたち、とってもかわいい」

 自画自賛…!

 手乗りが窓の外に飛び立ちましたが、止めるどころか一緒に行ってしまうマイメロ。
 手乗りは柊様のバイオリンにくっついてますが、メロディタクトを持ってないことがバレて窓からポイ。気持ちはよくわかります。

 俯瞰すると学校中に手乗りが…怖いよう。
 マイメロの海から本物を探すために、白山君を利用。マイメロちゃんセンサーで見事発見…怖いよう。


■マイメロ様本領発揮

「もとにもどって、ちびメロちゃんたち」

 拒否。
 本物はむかっとしたのかどうなのか。

 まあそんなこんなで元に戻るようです。

「ちゃんとみつけてあげたかったのに」
「うん、ちゃんとわかってるよ」
「おりょうりはとくいなの」

 最後に言ったやつ出てきなさい!(ノ `Д´)ノ┻━┻

 やっと消えました。生じた数と消えた数が合わない気がしましたが、…気のせいでしょう。ふ。

 さて、冒頭で問題になったマイメロの記憶のことですが。
 面倒なので記憶は戻さなかったようです。本人は友達になりたかったとか言うとりますが。
 置き土産なのか、ちびメロの残骸が数体見つかりました。青いやつの顔がなかなかイイですね★

最後。

「マイメロ、うれし」
「よかったね、マイメロ」

 はいはい、よかったねー。

 とりあえずマイメロ組は逃れたようです。学校で特定の宗教信仰を広めるのはヤメテクダサイ。


( 2005.09.18 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:7 )
種運命48話「新世界へ」感想
 前回の復習→ラクスがミーアの復讐を誓いました的な感じ(適当)

 というわけで、今日もだいぶ適当に振り返っていきます。


 さて冒頭。
 今回はシンちゃんから始まりました。続いて回想回想回想…そんなに復習したい内容でもありません。
 一つ確認しときますが、アスランの号泣は今日で3回目です。もういいってば。


■デスティニープラン
 変なプロモ作っちゃいました☆ …なんじゃこりゃ。

 紫唇がチビキャラ化されてます。肖像権の侵害とかないんでしょうか。ってゆーか、死人を使うな死人を。武士の情けとかないんかコラ。
 言っとくけど、議長はこんなに可愛くないぞ!!

 シンとレイが話してますが、面倒なので一部抜粋。

シン「こんな…議長…(そういう趣味だったのか)」
レイ「お前が驚くことはないだろう」

 驚くよ! だって自分をチビアニメ化してんですよ? この長髪ナルシストめ…!

シン「大変だよ」
レイ「わかっている」

 シンがアホに見えます。

レイ「そのパイロットに選ばれたのはお前なんだ(俺を差し置いて)」
シン「え、って、ああ?」

 注)シンは主人公です。

レイ「議長がお前を選んだのは、お前が誰よりも強く、誰よりもその世界を望んだ者だからだ」
シン「…俺?」

 やっぱりアホです。


■ルナ、邪魔者扱い。

ルナ「シン、シン!」
レイ「今洗脳中大事な話している。後にしろ」

 ルナ、入室拒否されちゃいました(ノ∀`)
 レイはシンを自分の跡継ぎにしたいんでしょうか。「俺が死んだら、代わりに議長の言うこと何でも聞いてやってくれ。シモの世話も含めて。」って感じ?

シン「レイ、なにす」
レイ「だが、お前の言う通り、本当に大変なのはこれからだ」

 無視かよオイ。

シン「レイ…」

 雰囲気に呑まれちゃってます。ちょっとは頑張れよ主人公!!

 あ、フレイだ。

レイ「でなければ、救われない」
シン「ぁ?」

 シンってば、「あ」と「え」を大活用して喋ってますネ。あ行大好き人間。でも「ア」スランはもう好きじゃないからな!

シン「そりゃ俺だって、それはわかるけど。でも」

 やっと反論。でもステラのことを持ち出されて失敗に終わる。もう君には期待しません(胡乱)

レイ「強くなれ、シン」
シン「え」
レイ「お前が守るんだ。議長と、その新しい世界を」

 うを。遺言だ…!(?)

 弱る美少年。シチュエーションとしてはいい筈ですが、レイに興味がないのでちっともおいしくない。失神アスランを思い出すと、今でも笑えるのに(にこ)

 しかしカガリ、すっかり立派になっちゃって(涙)


■アークエンジェルご一行
 メイリンが見てるのはアスラン? 艦長? …いいけどさ。

「戦うしかない、か」
「キラ?」

 さっすが反応が早いねアスラン! それでこそアスランだ!(何)

 ラクス様の演説。みなのもの、ひかえおろー。喋っていいのはキラだけだからねっ!

「議長の示す、死の世界と」

 死の世界⇔新世界。
 WOW! 一文字違いでいい感じ?
 そんなこんなでDEATH WORLDにされちゃいました。果たしてラクス様は、議長を死の世界へと導いてくださるのでしょうか。アーメン。

 
■議長
 カガリ頑張り中。アルザッヘルにも動きあり。

「おやおや」

 お前は好好爺か。
 続きは鬱陶しいので大阪弁でお届け。
 
「能力もないのに主張すんのやめればいいのになぁ。まあええわ。とりあえずアルザッヘル撃っとこか。
 あー俺、ちゃんと言ったのになぁ。頭悪いから理解できへんかったんかなぁ。俺の敵は人類の敵やって、なんでわかってくれへんのやろ。もうアホばっかで嫌んなるわ」

 ちょっと親近感が湧いたような、もっとむかつくような…。


■レイとシン

 レイくん復活。シン迷い中。言う前に気づかれて「気にするな」と忠告されて、

「え、あの、俺」

 もうお前、黙っとけ。

レイ「この先何が起ころうと、誰が何を言おうと、議長を信じろ」
シン「えぇ?」

 レイがなんか思い出してます。
 ああ、こうやって小さいレイと光源氏ごっこをして遊んでたんですね。やだわ、議長ったら(投げやり)

レイ「正しいのは、彼なんだからな」
シン「うん、まあ…」

 煮え切らない男。ルナ、こんなのがカレシでいいのか…!?
 
 アスランとどっちがマシなんだろう。

シン「けど、なんでそんなこといきなり言うんだよ。それじゃ、ドラマの死んでくオヤジみたいだぞ」

 遺言だと気づいたようです。やっと。
 と、レイが突然カミングアウト!

レイ「俺は、クローンだからな」
キラ「だよね」
シン「(゚Д゚)ハァ?」

 すみません、どうも混線したみたいです。


■レクイエム発射

「えぇ!? これは我が軍が!?」
「当たり前でしょ。あそこにもう、連合はいないわ」

 ああ、ここにもアホが一人…(笑)


■再びアークエンジェル
 

 ラ ク ス が 仕 切 っ て ま し た 。


 ラスボスは真の歌姫でした。完。


■シンとルナ
 拗ね怒るルナ。とりあえずシンは謝るのみ。弱。
 しかし逢瀬の時間は短かった。
 レイ君登場。ルナは無視してシンに話しかけます。そんなに嫌いか。そうかそうか。弱い奴嫌いだもんね! ルナってば紫唇逃しちゃったもんね!

レイ「今度こそ奴らを撃つんだ、俺たちが。お前の望んだ世界を、守るんだ」
シン「Σ(゚д゚)はっ」
ルナ「……。(乗せられてるし…)」

 もう別れちまえよルナマリア!


 さて次回、「レイ」
 イザークが出そうです! わーい。
 果たしてレイの遺言は次回で本当に遺言になってしまうのか、乞うご期待★

 予告にいなかったけど……アスランはどこ……?


( 2005.09.17 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:19 )
まるマ(ヨザムラ)
 最近、気がついたらヨザックを出してる自分が怖い…。



( 2005.09.16 ) ( おはなし ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )
おねがいマイメロディ
 今日は朝から選挙に行って(会場で最年少。だって行ったの8時半。)、帰りに喫茶店でロイヤルミルクティー飲んで(母の奢り)、帰宅してマイメロ見て(まだ2回目)、デパート行ってぶらぶらして(見ーてーるーだーけー)、11時半に沖縄料理食って(ゴマ豆腐が美味)帰ってきました。
 午後15時現在、HPは残り1です(動けません)。

 というわけで、マイメロの感想でも書こうかと思います。腐女子視点で。

 さて、前回から見始めたんですが、このアニメはちょっとおかしいです。
 まず前回、何故かサン●オキャラがアニメで擬人化
 そんなんアリか。アリなのか。オフィシャルでやっていいんか。
 そういうのは、同人でしかないものだと思ってました。●ンリオのイメージが変わりました。きっとこれがジェネレーションギャップ(?)

 で、今日の内容ですが。

■『ナイスバディになれたらイイナ!』

 …ん?
 どうやら私、対象年齢を勘違いしていたようです。てっきり幼稚園~小学校低学年を狙ってるのかと思ってたんですが、どうやら萌え萌えしたい男性向けそれより上の人を狙っているようです。
 しかし『イイナ!』ってなんか腹立つ可愛いですね☆


■パパ女装
 娘の授業参観に女装をしていくアホな父親。歌ちゃん含む娘三人にツッコまれてます。当然です。
 なんなんだ、このアニメ。


■授業参観
 授業参観に、ナイスバディな母親登場。が、その娘(加納さん)はそれとは正反対な棒体型。遺伝の力、働かず。
 歌ちゃんのパパはスーツで来たものの、ネクタイの柄がダサすぎて娘に叱られます。怒られたので家に帰って、ネクタイ選び直し。
 
 そこにマイメロが!!

 いや、そんな大したことじゃないんですが。
 先週初めて見てびっくりしたんですが、マイメロの声って超単調。聞いてるとイライラしま可愛くてめろめろになりますね☆
 で、パパはマイメロにネクタイを選んでもらいます。

 恐怖のイチゴ柄。

 なんでそんなん持ってんねん、アンタ。


■クロミ様
 先週擬人化で驚かしてくれたクロミ様は、今日も元気に妄想中。
 クロミ様の男の趣味がよくわかりません。
 ん? 歌ちゃんも柊って奴のこと好きなんだっけ??


■加納さんの望み
 ナイスバディになりたいんですってよ。大人になってから全身整形すればいいんじゃねーの。

 スタイル抜群のテニス部の先生を観察する加納さん。そんな彼女のところにクロミ様ご登場。
 金髪のカツラつけてラケット持って服も着てますが…それ、人間の真似したつもり? 人間バカにしてんのかコラ。
 アニメなのであんまり細かいこと気にしない加納さんは、クロミ様が願いを叶えてくれるって言うのであっさり乗っかります。年相応の警戒心とかないです。だってアニメだもん。

 魔法でスタイル良くしてくれんのかなぁ、と思ったら、そんなに簡単なものじゃなかった。
 なんでも、体の部位を人と交換できるんですってよ。もちろん合意の上でじゃないですよ? 強制的に。

 …怖。

 普通の人ならビビります。人から奪うなんてそんな…!

 が。

 加納さんは躊躇なくやっちゃいました! えーマジっすか!
 肝の据わった子です。あんたはその根性だけで、世の中渡っていけると思う。

 足、髪の毛、胸、男の尻(←問題あり)を手に入れて、ご満悦な加納さん。もはや別人です。


■マイメロ到着。
 やっと出番がきました。ちょっくら一働きしようかなぁ、みたいな?
 ちょっと頭が弱いので、一緒に住んでる子の髪型が変わってて戸惑います。

「あなただぁれ?」

 顔見りゃわかるだろボケ!!(ノ `Д´)ノ┻━┻


 サ●リオはマイメロをどうしたいのでしょうか。


■暴走
 加納さんの説得に失敗したために、なにやら魔法が暴走し始めます。
 うん、ありがちなパターンだ。

 が、このアニメはちとおかしかった。

 きゃっ、男の子に胸がついちゃった★
 
 女体化かよ…!?ΣΣ(゚д゚lll)


 また同人ネタです。どうしたサン●オ。いやマジで。


■マイメロのご活躍
 クロミ様はとっとと去っていってしまわれたので、魔法使ってみんなを元に戻しました。今日のお仕事終わり。

 元に戻った加納さん。茶髪の男の子に「そのままでもいい」みたいなこと言われてドッキドキ☆(モコナ風に)

 どうにかして雰囲気よさげに終わらせようとしてますよこのアニメ。



 なんか気になった方は、朝9時半に某TV局にチャンネルを合わせてください。
 ただし、マイメロにイライラしても私には責任とれませんので悪しからず。

 ではではこの辺で。



( 2005.09.11 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:3 )
種運命47話「ミーア」感想
 大したツッコミもできない内容ですが、今回も適当に振り返ってまいります。


 さて、冒頭。
 サブタイ通りミーア尽くし。このアニメ、死人を振り返らせるの好きですね…(苦)
 そして、号泣アスラン再び。いや、もうええって。


■う。
 うお、死体っ!
 アスランが抱いて運ぶのはまあいいとしといて、安置して眺めるってまたそれどうなん。 
 そして鞄ごそごそして、ラクスが何かを見つけ出す。遠慮とかないです。で、

 なんと、ミーアの日記ぢゃないか!

 皆で拝見。プライバシーの侵害万歳。


■日記前半
 ミーア、これまでになく喋ってます。超軽い。
 死んだ後にそんなサービスカットを用意されても…せめて生きてるときに…凹

 アスランに会えて喜ぶミーア。わお。
 超かっこいいってさ!! 最近ヘタレとしか思ってなかったから、その単語に面食らってしまったヨ。
 そうか、客観的に見るとかっこいいんか…。でもこれは、顔の話(酷)

「お父さん裏切ってまで、ラクスさまのとこに…」

 ザッツ勘違い! ラクスんとこじゃなくて、キラのとこに行ったんだYO!

「ラクスさま一筋なのね~」

 むしろラクスは恋敵だYO!
 アスランは誰かに一筋になれない浮気体質です。

 間。
 …死人フェア? もうやめて。


■後半。
 パソ前から逃げ出すアスラン。追うキラ。
 黙。

「おれが最初に認めなきゃ良かったんだ。こんなことは駄目だと…」

 アスランの人生って、反省ばっかりだなぁ…(遠い目)

「うん。でもやっぱり、すぐにそんな風には言えないよ。後になんないと、わかんないことも多くって。僕もラクスも、狙われたりしなきゃ、デュランダル議長のこと、信じてたと思うんだよね。戦わないほうがいいって言った人だもん。(略)」

 まあ、それもそうか…。


■葬式
 あー…これでミーアの出番は終わりか。ご苦労様でした。
 この回でえらく、イイ子だって印象を植え付けられた気がします(狙い通り?)
 
 議長がなんか言っとります。鬱陶しいので意訳な上に、軽い大阪弁でお届け。

「戦争とかって無知と欲望が原因やからー、そーゆーのなくそうと思うんやんかぁ」

 民衆動揺。

「ギルバート…」

 艦長、超動揺。

「議長…」

 なんか思い出して、シンも動揺。

「デスティニープランの導入して、実行しようと思うんやけどー。あ、別に意見聞いてないねん。もうオレやっちゃうから!! 準備万端やから!!!」

 言っちゃった(ノ∀`)

 シンは神妙な顔してますが、きっとチンプンカンプン。気分はダ○ョウ倶楽部。「聞いてないよー!!」

 …レイが怖かったです。


 さて次回、「新世界へ」
 新世界って、天●寺動物園(大阪府)の辺りですか?


 大阪府民にしかわからないネタで終わる。


( 2005.09.10 ) ( アニメ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:18 )
たんじょーび
 市丸隊長、お誕生日おめでとうございます~v
 …一体何歳なんですか?

 うちはブリーチサイトではないので、こんなところでひっそりお祝い。
 コナンサイト様では、910で工藤の日を祝っているみたいですが。 まあ乗っかることにして、910の日おめでとう工藤さん(笑)

 さてまあ、一応祝ったし本館も更新したし、今日の仕事はこれで終わり。
 …バイトの面接行く用意します…。



( 2005.09.10 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
いきなり次回予告
いきなり次回予告というサイトを見つけました。コチラ

楽しげなので色々と試してみました。
キャストはユーリ、コンラッド、プラスαでお届け

■次回予告その1
「お前はギターをやりたいんじゃない!ちやほやされたいだけだ!」
 ヨザックの図星な指摘に、コンラッドはショックを隠しきれない。
 そんなコンラッドの肩に、ヨザックは優しく手をかけた。
「コンラッド…。お前も本当は、笛を吹きたかったんだよな?」
 コンラッドはたて笛コースに入門してしまうのか!?待て次回!!

 来週は予定を変更して「ユーリの人体大好き」をお送りします。

 コンラッドがたて笛…!


■次回予告その2
 国連から特務を受け東京に向かうコンラッド
 しかし東京はユーリによって魔都と化していた…
 東京に着いて間無しのユーリに襲いかかる村田!!
 次回! 急襲!TOKYO! お楽しみに

 魔都ってあたりが、魔王らしいエピソードだなぁ、と(笑)


■次回予告その3
 ユーリ商店が、抽選で3名に3000円相当のコンラッドをプレゼント。
「私だったら、コンラッドをこんなにおいしく食べることが出来ます!」
という、コンラッドにまつわる一言を添えてご応募下さい。
 なお、外れた方にはもれなくハイテクおもちゃ「ロックン勝利フラワー」をプレゼント。

 3000円…。


■次回予告その4
「もうやめてーー!!」悲痛なユーリの悲鳴が、城の中で響く。
 その声に村田は、はっと我に返った。
 そして気が付く。手の中に新製品『コンラッド増殖機』があったことに。

 次回『増えすぎたコンラッド~もうお城の中はいっぱい』

 アニシナさんの仕事ですか。


■次回予告その5
 炎に包まれた恋人ユーリを救うため、自ら炎の中に入ったコンラッド
 しかし、すでにユーリの元にはライバル村田が到達していた
 次回、世紀のラブロマンス涙の最終回
 運命の女神はユーリとコンラッドを救うのか、それとも…?

 この話読みたい(笑)


■次回予告その6
 ある時、ユーリが自宅に帰ると、
 コンラッドがネコ耳に、流行のゴスロリな姿で
 宇宙と交信していた。
 次回『ダメだ!!トキメキがとまらねぇ!!』
 恋のデュエル、スタンバイ★
「私は…?」バイ・お呼びかね?グウェンダル。

 ユーリとコンラッドが逆だったら良かったのに…ぐは。


■次回予告その7
 人気アイドルユニットのコンラッドはマネージャーである村田と恋におち、愛し合う二人。
 だが、同じユニットのユーリはそれを気にくわないがために、二人をマスコミに話してしまう。
 二人はこれからどうなるのか!?
 最終回コンラッド「恋する二人と解散の間」

 配役ミスです。


■次回予告その8
 ユーリの名前をなかなか呼べないコンラッド!
 はやくコンラッドに名前を呼んでもらいたいユーリ。
 2人の関係はむず痒いまま進展しない…
 そんな2人の間にキャプテンヴォルフラムが入ってきた。
「ユーリー飯まだかー?」
 コンラッドの中の何かが切れた―――っ!!

 次回『君の名前と薄味和食!!!』乞う御期待!!!

 キレちゃったよコンラッドさん(ノ∀`)


■次回予告その9
「ゴメン…俺…もうユーリとは付き合えない…」
 いきなりのコンラッドの発言に訳が分からないユーリ。
 しかしユーリは偶然コンラッドとヨザックが仲良くしている所を目撃してしまった!
 はたしてユーリの運命は!?
 そしてコンラッドとヨザックの関係は一体!?
 次回「コンラッドの本性現る!?」絶対見てね!

 どうせ本性は腹黒デショ。


■次回予告その10
「私はあなたのメイドです。ご用をお申し付けくださいユーリ様」
 懸賞の賞品ってコンラッド?! メイドってどうゆうことだ?!?
 そこに幼なじみの村田が遊びに来た。大ピンチだ!!!
 次回「僕のメイドはコンラッド?」にこうご期待!

 アイタタタタタ…。



 暇があれば皆さんもドウゾ。
 想像を羽ばたかせる練習になりますヨ(笑)



( 2005.09.08 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
THE・ヨザックの幸せを追求しようキャンペーン。

そのわりに可哀相なことになってますが…、愛ゆえです(きっぱり)


( 2005.09.06 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
まるマ(ヨザムラ)
ヨザック×村田DEお題消化 第5弾

ヨザムラより、ヨザケンの方が通りがいいんだと気づきました。
ヨザムラの方が好きなんです…語感が(微妙)

( 2005.09.06 ) ( おはなし ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
種運命46話「真実の歌」感想
 アスラン何故か号泣…?

 訃報よりもそっちが気になった46話。そんなに見所もないけど頑張ってテンション高めで振り返りたいと思いま、す。

 さて冒頭。
 議長の話は面倒なのでスルー。
 やっと休めるミネルバの面々。そんな中、ジブリールの死に顔がフラッシュバック。もうその顔放送すんのはやめてやれ。


■射撃訓練
 休んでいいって言われてるのに早速訓練ですかー。勤勉ですこと。
 レイレイ言ってるシンに妬く(…嫌気が差す?)ルナマリア。
 シンが珍しく、カノジョの気分を察してあげております。ルナマリアさん、後ろから手首を掴まれたらこう捻りあげてですね…(痴漢扱い)
 で、廊下で痴話喧嘩。平和だね。
 メイリンのことは、シンは悪くないというお姉ちゃん。ここでシンのこと責めてたら、後ろにいる金髪の彼に殺られてたかもしれませんね(笑顔)
 …お前は立ち聞き大好きの某家政婦か!>レイ。


■キラとアスラン
 シンのことを知るキラ。そういやまだ知らなかったんだね…もう会ってるのに。
 
「でも、あのときは正直驚いたよ。お前がシンにやられるとは思ってなかったからな」

 俺の彼氏親友は最強です、みたいな?
 アスランったら、ひっそりノロケ友達自慢。

 キラ君は謙遜とか嫌いなので、
「あのとき僕がやられたのはザフトと戦っていいのかわかんなかったのと、カガリとかアークエンジェルとか気にしてたからでー(意訳)」
 と、真剣にやってたら僕が勝ってたよ宣言をかましてます。
 まあそうだよね。あんな若造になんか負けないよね! ラクスもついてるし!(…。)

 キラがやられたことで「俺ってここ(ザフト)にいてもいいのか?」と気づいたアスラン。彼氏親友の死亡危機にびっくりしたんだよねv
 いわゆるショック療法です。 

「議長やレイが厄介なのはそこなんだ。話していると、彼らの言うことは本当に正しく聞こえる」

 レイって何かアスランと話してたっけ?(忘) …ま、いっか。

「だよね。それはわかる。実際、正しいんだろうし」

 また出た、適当な相槌!
 それが気になって、台詞聞き逃しちゃったヨ。
 
「シンも、そこから抜け出せないんだ、おそらく。あいつも夢があって、そのために頑張る奴だから」

 だよね(視聴者の相槌)

「…そっか。君、まだシンって子に未練があるんだね」
「えぇ!?」

 微妙に捏造でお届けしました。


■偽ラクス
 予告画面で喪服か死装束だと思ったのは、普通の服だった模様。
 まあ、死装束になっちまうんですが。

 回想、回想、回想。
 この辺でもう、今日死ぬよ、って感じがバシバシしてますよね(遠い目)

 お付きの人が「ラクス様」連発。わざとらしー。
 しかもラクスに夢を見すぎです。駄目です、そんな白いだけの人じゃないんですよ…!(怯)
 役にたたないと殺すわよ?と脅しまくる緑服。普通に怖いよ。


■ダブルデート
 …にしか見えない。
 なんとなくカガリが可哀相な気がするので、ホモとユリのデートだと思うことにしましょう(微妙)

 ムゥと艦長がいちゃつきまくり。ムゥ、あんた口説きすぎですよ。ほんまにムゥなんですか? こらー腰を抱くなー!!

「なんかやっぱり、別人なんじゃない?」
「え、そう?」

 まあ、幸せそうで何よりです。
 あっちの艦長はどうなさっているのやら。


■キラとアスラン2

キラ「そんなに怒んないでよ、アスラン」
アス「怒っちゃいないさ。ちょっと呆れてるだけだ」

 あれ? アスランが可愛い(笑)

キラ「同じじゃないか」
アス「だってお前な! ラクスは…!」
ラク「はい?」

 ラクス様のチェック入りましたー。
 気安く名前呼んじゃ駄目ですよ?(ぇ)

キラ「ん? なんでもないよ」
ラク「そうですか」

 キラ、上手くかわしました。良かったね、アスラン。ラクスにヤキ入れられなくて。

キラ「大丈夫だよ、アスラン。もう僕も、ラクスも。…だからそんなに、一人で頑張らなくていいから」
アス「…ぁ…」
キラ「ね?」
アス「…っ…」

 わーどうしよう、アスランがキラに口説かれております!
 そしてマンザラでもないご様子(笑)
 あー…やっぱアスラン可愛いや(そればっか)

 ラクス様ファッションショー。
 キラがアスランばっか構うのでむかついたのでしょうか。
 ミニスカで誘惑しようと試みますが、敢え無く失敗。

「どうでもいいみたいですわね」
「そういう意味じゃ」

 とか言ってますが、多分どうでもいいんですよ(コラ)


■罠
『助けて殺される、ラクスさまぁ!』

「なんかおもいっきり、罠ですね」
 
 やっと喋ったメイリンに、キラが驚きの眼差し。
「あ、君いたんだ」みたいな?

 ミーアのことをほっておけないらしいアスラン。フェミニスト。またの名をタラシ。いーけどねー。
 で、キラにラクスを託して自分だけ行こうとしますが、

「わたくしも参りますわ」
「は? ば…っ」
「この方が呼んでいるのはわたしです」

 アスランにだけは馬鹿って言われたくないので、ラクス様話を進めちゃいます。
 アスラン、言葉には気をつけましょう。

「だが…!」
「どこかでいつか、ちゃんとしなければならないことですから。ね、キラ(あなたはわたしの味方ですわよね?)」
「キラ! (お前は俺の味方だよな!?)」

 男女入り乱れての醜い争いが勃発。
 メイリン一人だけ蚊帳の外。

「わたくしはお会いしたいですわ、彼女に」
「え?」
「じゃあともかく、船には連絡して」
「なっ、お前、(俺じゃなくて、ラクスを取る気か!?)」
「大丈夫だよ、アスラン。罠だってわかってるんだし。みんないるし、ね?」

 キラの必殺技=「ね?」
 …ラクスと一緒かよ。

 でもまあとにかく、

「ぅ…あーっ!」

 なんかアスランのツボにはまったらしく、あっさり負けちゃいました。
 キラ君は、男心を操るのもお上手です。

「ありがとう、キラ」
「うん。でも、気をつけて」

 ひそかにメイリンが戦力扱いされてるのが、非常に気になった一幕でした。
 ちょっと相談してやれよ!


■本物と偽者
 やっとご対面です。

「私がラクスだわ! だってそうでしょっ? 声も、顔も同じなんだもの…!」

 マテ、顔は整形だろ。

 喚く偽者にアスラン射撃。銃を落とさせるとは、どっかの軍の女の子とは違って射撃は得意です☆

 ラクス様のありがたきお言葉に、偽者もホロリ。
 
■銃撃戦
 アスラン大活躍。怪我はもういいんですかね?
 アスランは機体に乗ってるより、素で戦ってる方がいい気がしてきた…ハハハ。

 そんなこんなで、金ぴかご到着。

「遅いです、ムゥさん」
「あぁ?」

 折角来たのに遅いってなんだよ生意気な。 or ムゥって呼ぶなボケ。
 の、どっちの「あぁ?」なんでしょうか。

「大丈夫か」
「うん、なんとか」

 キラじゃなくてラクスたちに聞けよ、と思うんですが。
 アスランの優先順位がわかりますね(笑)

「ほんとに君も…、いつもごめん」
「いえ、はい、まあ…」
 
 やっとメイリンを気にしてくれました(涙)
 まったく、アスランと来ちゃったばっかりにややこしい恋愛トラブルに巻き込まれるわ、応戦しなくちゃなんないわ、この子はほんとに大変です。
 誰かもっと労わってやれ。

 キラがラクスにお手を拝借…じゃなくて、お手をどうぞ。
 ついでにミーアも…

 そのとき。

「危ない!」

 うお、スローだ!(驚くとこはそこか)

 ミーアがラクスを庇って撃たれ、遺言を残します。
 整形前の写真をラクスに託し、アスランと話して……あっけない……。

 回想、回想、回想。
 アスランといちゃついてるとこばっかりなのが、多少気になりますが。
 そんな思い出しかないのか…。

 何回見ても凄い泣いてるなぁ、アスランってば。
 ミーアが死ぬのは予想通りなので、我ながら醒め気味です。
 議長に殺されたわけではないってのだけが、救いかもしれません。
 
 うん。でもホントに、なんでこんなに号泣してるんだろうアスラン。
 なんならステラが死んだときのシン並みに泣いてるような。

 ミーアにも気があったのかよ!?

 ――――ご愁傷様です。


 さて次回、「ミーア」
 次回予告場面もミーアミーアミーアづくし。
 このアニメに、死人特集やってる余裕があるんでしょうか。

「悪夢の世界、立ち向かえフリーダム!」
 
 フリーダムなのー?(不満/笑)



( 2005.09.03 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:10 )
宝マ:生存検証
 新刊の衝撃も覚めやらぬ中、何故か凄く夢見が悪かった本日。
 暫く柑橘系の色を見たくないなー…。


( 2005.09.02 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:1 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。